ページ上部です

生活習慣病予防健診(ご本人様の健診)のご案内

健診 協会けんぽでは、ご自身の健康増進に取り組んでいただくために、被保険者の方を対象に「生活習慣病予防健診」を実施しています。

 年度内に1回限り協会けんぽが「生活習慣病予防健診」の費用の一部を補助します。

 また、受診後には、メタボリックシンドロームのリスクのある方で生活習慣の改善が必要な方に特定保健指導・健康相談を実施しています。

 一年に1回の健診を受け、ご自身のからだをチェックしましょう。

 

滋賀支部の健診のリーフレット等

 

生活習慣病予防健診の内容について

 健診の種類  検査の内容  対象者
一般健診

●診察等●身体計測
●血圧測定
●尿検査●血液検査
●便潜血反応検査
●胸部レントゲン検査
●胃部レントゲン検査
●心電図検査

●35歳から74歳の方
※75歳の誕生日の前日までが対象です。

付加健診

●眼底検査
●肺機能の検査
●腹部超音波検査 等

●40歳または50歳の方
一般健診とセットで受診する必要があるため単独では受診できません。

乳がん検診

●問診
●乳房エックス線検査
※視診・触診は医師が必要と判断する場合のみ実施

●40歳から74歳の偶数年齢の女性の方
一般健診とセットで受診する必要があるため単独では受診できません。

子宮頸がん検診
(単独)
●問診
●細胞診
●20歳から38歳の偶数年齢の女性の方
単独で受診することができます。
子宮頸がん検診 ●問診
●細胞診
●36歳から74歳の偶数年齢の女性の方
一般健診とセットで受診する必要があるため単独では受診できません。ただし36歳・38歳の方は子宮頸がん検診のみを受診することが可能です。
肝炎ウイルス検査

●HCV抗体検査
●HBs抗原検査

●過去にC型肝炎ウイルス検査を受けたことがない方
一般健診とセットで受診する必要があるため単独では受診できません。 

 

生活習慣病予防健診を受けるまでの流れ

1.パンフレットや申込書を受け取る

  • 滋賀県内の事業所につきましては、平成30年3月20日(火)に事業主様宛に「生活習慣病予防健診のご案内パンフレット」、「生活習慣病予防健診申込書(対象者が印字されたもの)」等を送付します。
  • 事業所のご担当者様は、健診対象者の方へ、健診のご案内をお願いします。

2.健診機関へ予約する

 受診を希望する健診機関に直接連絡し、予約をします。

生活習慣予防健診実施機関の検索はこちら

  • 県外の健診機関もご利用いただけます。
  • 受診日当日に被保険者であることが必要です。予約の際にはご注意ください。

※他府県の健診機関は各支部のホームページをご覧いただくか、健診機関の所在地の協会けんぽ支部にお問い合わせください。

3.協会けんぽ滋賀支部へ申し込む

  • 生活習慣病予防健診申込書」に必要事項を記入してください。
  • お手元に申込書のコピー(控え)を残されたうえで、協会けんぽに郵送してください。
  • 事業所を経由せずに、個人からの郵送も可能です。 

4.健診機関で受診する

 予約した健診機関で受診します。

  • 健診機関を変更される場合は、予約を取り直し、その後協会けんぽへ再度申込書を提出してください。
  • 同じ健診機関で日程を変更される場合は、健診機関に直接連絡してください。協会けんぽへの連絡は不要です。
  • 当日は、保険証を必ずご持参ください。 

5.健診結果を受け取る

 健診機関から事業所住所に郵送されます。(個人宅へ送付されることもあります。)詳細は健診機関にお問い合わせください。

被保険者の方の特定保健指導

保健指導 生活習慣病予防健診の結果でメタボリックシンドロームのリスクがあることがわかった方に行われる保健指導のことです。

 協会けんぽの保健師、または管理栄養士と一緒にそれぞれのライフスタイルにあった健康づくりの方法を考えましょう。面談後6か月間、食生活の改善や運動の実行に向け、継続的なサポートを行います。

6.特定保健指導・健康相談の申込み

 無料で事業所へお伺いして行います。特定保健指導等健康相談申込書(PDFファイル)を協会けんぽへお送り下さい。のちほど協会けんぽより日程等のご連絡をいたします。

  • また生活習慣病予防健診の結果から、メタボリックシンドロームのリスクがあると判定を受けた方がいらっしゃる事業所に「特定保健指導のご案内」を送付することがあります。

保健指導のリーフレット等

保健指導の効果がわかる統計資料

 

健診や保健指導・健康相談についてのお問い合わせ先

全国健康保険協会滋賀支部 保健グループ 
TEL(077)522-1113