ページ上部です

保健指導情報の共同利用についてのご連絡

生活習慣病予防健診をご利用の事業主様

保健指導情報の共同利用についてのご連絡

 全国健康保険協会(協会けんぽ)では、保健指導を通じて加入者の皆様の健康管理及び健康増進を図るため、保健師・管理栄養士が事業所にお伺いし、生活習慣病のリスクのある方に、生活習慣病の予防のためのサポート(保健指導)を行っています。

 協会けんぽが保健指導を行うにあたり、従業員の個人情報(対象者のお名前、特定保健指導支援コース)について、事業所にお知らせし、保健指導の日程調整等をしていただくために、それらの情報を共同利用します。

 従業員の皆様の健康維持・増進は、生産性向上や企業のイメージアップにもつながります。保健指導は、健康経営を推進する意味でも有効なものと考えていますので、共同利用について、また、保健指導の実施について、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

◎保健指導は、健康保険法及び高齢者の医療の確保に関する法律に基づいて行われています。これまでもご協力いただいておりますが、個人情報保護法が改正され、個人情報の取り扱いがより厳格化されたことに伴い、改めてお知らせ・ご協力をお願いするものです。
新たなご対応をお願いするものではありません。

詳細については以下のPDFファイルをご覧ください

お問い合わせ先

全国健康保険協会 滋賀支部 保健グループ

〒520-8513 大津市梅林1-3-10滋賀ビル4階 

TEL:077-522-1113

この内容については、様々な機会にお知らせしておりますので、ご了承ください。