ページ上部です

バックナンバーVol.94(2018年11月12日発行)

_______________________________________________2018.11.12発行_________

     協会けんぽ岡山支部メールマガジン Vol.94
 _____________________________________________________________________

こんにちは!協会けんぽ岡山支部です。
季節は食欲の秋ですね。
ということで、今月は朝ごはんに関するお役立ち情報をお届けします♪

 □□□————————————————————————————————
朝ごはんを毎日食べて元気いっぱい!
————————————————————————————————□□□


朝ごはんを毎日きちんと食べていますか?
朝ごはんは、1日を元気に始めるための大事なエネルギー源であり、わたしたちの体に
たくさんの効果をもたらしてくれます。「時間がない」「食欲がない」といって食べない人
は損をしているかもしれません!



◆「朝ごはんのメリットとは?」
朝ごはんを食べる一番のメリットは、脳を活動状態にし、判断力や集中力、思考力を高めて
くれることです。もし、朝ごはんを食べていない場合は、集中力が低下しイライラしやすく
なってしまいます。ほかにも、代謝を上げたり、太りにくくしたり、便秘を解消したり、
生活習慣病の予防に役立ったりとさまざまなメリットがあります。


◆「朝ごはんは“質”も大事!」
脳をより活発に活動させるには、脳のエネルギー源となる炭水化物と栄養バランスが重要です。
すなわち、朝ごはんはその“質”も重要となります。
とは言っても、忙しい朝、初めからパーフェクトな朝ごはんを目指すのは大変です。
1つずつステップアップして、栄養バランスを整えましょう!


ステップ1 主食(ごはん・パン・めん類)
朝食を食べる習慣がないという人はまずはここから。脳のエネルギー源となる糖質を多く含む、
“主食”が最優先です。

ステップ2 主食+主菜(肉・魚・卵・大豆製品)
次はたんぱく質源となる主菜か牛乳、乳製品を1品足してみましょう。体温上昇や体内時計の
リズムを整えるのに役立ちます。              

ステップ3 主食+主菜+副菜(野菜・きのこ・海藻・芋)または果物
さらにビタミンの供給源となる副菜か果物を1品足すと、栄養バランスも整い、満足度もアップ
します。

バランスの良い朝ごはんで、元気に1日をスタートしましょう!


□□□————————————————————————————————
健康保険給付金 年内のお支払について
————————————————————————————————□□□


協会けんぽの健康保険給付金について、年内のお支払は平成30年12月14日(金)岡山支部受付分
までです。

【対象となる給付金】・傷病手当金 ・出産手当金 ・出産育児一時金 ・埋葬料(費)
※上記の健康保険給付金については、申請書の受付から給付金の振込までの期間を
「10営業日以内」として定めています。
※申請書の内容や添付書類に不備・不足がある場合や、調査等を要する場合は、年内の
お支払ができない場合があります。


□□□————————————————————————————————
厚生労働省からのお知らせ
————————————————————————————————□□□

介護保険制度をご存じですか?
介護保険制度は、介護を社会全体で支えることを目的として2000年に創設されました。
介護保険への加入は40歳以上とし、40歳から64歳までの医療保険加入者は第2号被保険者
として保険料をご負担いただくことで、介護保険制度の大きな支え手となっています。
介護保険制度の概要、介護サービスのご利用については、こちらをご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/000362925.pdf



  □□□————————————————————————————————
 今月の健康レシピ〜鮭と秋野菜のイタリア風仕立て〜
————————————————————————————————□□□
あぶらがのった旬の鮭のうま味を逃さず味わえるメニューです。
秋野菜を付け合わせると、見た目もおしゃれな一品となります。

▼レシピはこちら▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h30/301101002