ページ上部です

ジェネリック医薬品をご利用ください!

●ジェネリック医薬品とは?

 先発医薬品と同等の有効成分・効能があると厚生労働省から認められている安心・安全な医薬品です。先発医薬品と比べて味や大きさが飲みやすく工夫されているものもあります。

 

●先発医薬品との違いは?

 先発医薬品の開発には10~20年の年月と数百億円にのぼるコストがかかります。さまざまな研究や臨床試験を経て厚生労働省の承認が下りた後に販売される先発医薬品には20~25年の専売特許(独占的な製造・販売の権利)が与えられ、類似品がつくられないよう法律で保護されています。

 先発医薬品の特許が切れると他社も同じ有効成分の薬を製造できます。長年の実績をもつ先発医薬品にならって同じ成分で製造されるジェネリック医薬品には莫大な開発コストがかかりませんので、価格は先発医薬品の2~8割程度に抑えられます。

●薬の効き目に違いは?

 ジェネリック医薬品の有効成分は先発医薬品と同じなので効き目と安全性に関しては先発医薬品で保証済みです。ジェネリック医薬品自体の開発にも厚生労働省が薬の成分が血液中に溶け込むスピードや溶け方が先発医薬品と同じかどうかなど厳しい審査を義務づけており、それらに合格したものだけが販売を認められています。

↓品質や調査結果はホームページで調べられます

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kouhatu-iyaku/index.html

 

●ジェネリック医薬品を処方してもらうには?

 まずは、医師の診察時、処方箋を薬剤師に渡す時に「ジェネリック医薬品を希望します」と伝えてみてください。医師・薬剤師と相談して、自分に合った薬を選択することができます。希望を伝えやすいように保険証やお薬手帳に貼っていただく「ジェネリック医薬品希望シール」を配布しています。ご希望の方は長野支部(026-238-1251)までご連絡ください。

※すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。

↓ジェネリック医薬品があるかは、ジェネリック医薬品学会運営サイト「患者さんの薬箱」で調べられます。

http://www.generic.gr.jp/

 

●ジェネリック医薬品の使用率を上げると保険料率が下がる!?

 協会けんぽは、加入者の皆様に納めていただいている保険料で医療機関へ支払う医療費をまかなっています。その保険料率は都道府県ごとの医療費の支払い額に応じて決まります。つまり、長野県全体の医療費が安くなるほど皆様に負担していただく保険料も安くなります。

長野支部のジェネリック医薬品使用割合と取り組み状況

 

ジェネリック医薬品リーフレット

   

ジェネリック医薬品について詳しく説明しています。

ジェネリック医薬品 Q&Aの冊子を希望される場合は、企画総務グループ(026-238-1251)までお問い合わせください。