ページ上部です

第84号(平成31年1月7日発行)

あけましておめでとうございます。
協会けんぽ宮崎支部です。
今年は新しい元号になり、大型連休も予定されています。
休暇を楽しんで素敵な1年になるといいですね。
今年もよろしくお願いいたします。


『第84号目次』
【1】はり、きゅう及びあんまマッサージ指圧施術療養費の支払いについて受領委任制度を導入します
【2】医療費のお知らせをお送りします
【3】傷病手当金と年金は同時に受けられない!?



【1】はり、きゅう及びあんまマッサージ指圧施術療養費の支払いについて受領委任制度を導入します

協会けんぽでは、平成31年1月施術分より「はり、きゅう及びあんまマッサージ指圧施術療養費」の
支払いについて受領委任制度を導入します。

受領委任制度とは?
療養費は、原則償還払い(一度、患者が医療費の10割を負担し、保険者への申請により保険給付分が
払戻しされる)ですが、受領委任制度の導入により、登録された施術者は患者に代わり保険給付分を
保険者に請求できるため、患者の施術所窓口での負担は、一部負担金(3割又は2割)のみとなります。

平成31年1月以降に、施術所ではり・きゅうやマッサージの施術を受けられる際は、以下の点に
ご注意ください。

①施術所で施術を受けた時は、必ず領収証を受け取り大切に保管しましょう。
②療養費の支給申請書に押印する際は、施術を受けた日付や施術内容・金額を確認のうえ
 押印しましょう。
③はり、きゅう及びマッサージの施術を受け療養費を申請する場合は、文書による医師の同意が必要です。
 初めて施術を受ける方や、同意期間を超えて施術を受ける方は、必ず医療機関を受診し同意書の交付を
 受けてください。



【2】医療費のお知らせをお送りします

協会けんぽでは、健康保険で診療を受けられた医療機関や医療費について、
加入者の皆さまにお知らせする「医療費のお知らせ」を年1回お送りしています。

≪送付時期≫
平成31年1月中旬

≪発送方法≫
対象被保険者(従業員様)ごとの封筒を事業所あてにまとめてお送りします。
(任意継続保険の方については、ご自宅あてにお送りします)

≪対象期間≫
主に平成29年11月~平成30年9月診療分(病院、歯科、薬局、柔道整復施術)が記載されます。
※平成30年1月~平成30年11月までの間に協会けんぽで受付した診療報酬明細書等が対象です。

≪その他≫
確定申告(医療費控除)の手続きの際に医療費控除の明細書として使用することもできます。
※平成30年10月~平成30年12月診療分につきましては、医療機関等からの領収書に基づき
 作成された医療費控除の明細を、申告書に追加して添付をお願いします。
 なお、確定申告(医療費控除)にかかるご質問等は税務署へお問い合わせください。



【3】傷病手当金と年金は同時に受けられない!?

○老齢(退職)年金を受けられる方
資格喪失後に傷病手当金の継続給付を受給している方が、老齢厚生年金、老齢基礎年金または
退職共済年金(老齢年金等)を受けられるときは、傷病手当金は支給されません。
ただし、老齢年金等の額の360分の1が傷病手当金の日額より低いときは、その差額が支給されます。

○障害年金を受けられる方
傷病手当金と同じ病気やケガで障害厚生年金または障害手当金の支給を受けられるときは、
傷病手当金は支給されません。
ただし、障害厚生年金の額(同時に障害基礎年金を受けられるときはその合計額)の360分の1が
傷病手当金の日額より低いときは、その差額が支給されます。
また、障害手当金を受給することとなった場合は、傷病手当金の額の合計額が、障害手当金の額に
達するまで傷病手当金は支給されません。

○さかのぼって年金を受けられるようになったときは・・・
傷病手当金の受給期間と重複する期間については、すでにお支払した傷病手当金の
全部もしくは一部をお返しいただくことになります。
さかのぼって老齢年金等または障害厚生年金(障害手当金)を受けられるようになったときは
速やかにその旨をご連絡ください。


------------------------------------
■季節の健康情報&健康レシピ

季節の健康情報
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat510/h30/310101001
季節の健康レシピ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat520/h30/310101002
------------------------------------



------------------------------------
■保険証が使用できるのは退職日までです!

退職等で資格がなくなった保険証を使用するケースが後を絶ちません。
無資格受診と判明した場合は、退職された方へ医療費の返還を求めています。
繰り返し催告を行っても返還いただけない場合には、裁判所への支払督促申立てや、
少額訴訟等の法的手続きを経て強制執行による回収を行っております。

協会けんぽの法的手続の実施状況
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g1/h30-12/301225001
------------------------------------

発行 全国健康保険協会(協会けんぽ)宮崎支部
   〒880-8546 宮崎市橘通東1-7-4 第一宮銀ビル5階
電話 0985-35-5364
         
協会けんぽホームページ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/

宮崎支部ホームページ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/miyazaki/