ページ上部です

第78号(平成30年7月10日発行)

★::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::★

協会けんぽ宮崎支部メールマガジン ”よんでん” 第78号

★::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::★

皆さんこんにちは!
協会けんぽ宮崎支部です。
7月7日は七夕でしたね。
七夕といえば7月という方が多いかと思いますが
仙台の七夕まつりのように
8月の地域もあるのはご存知でしたか?
皆さんの願い事が叶いますように。


『第78号目次』
【1】ご存知ですか?「第三者行為による傷病届」
【2】仕事中や通勤途中の傷病に健康保険は使えません
【3】健診を受けたら特定保健指導もご一緒にいかがですか?



【1】ご存知ですか?「第三者行為による傷病届」

交通事故、けんか、他人の飼い犬に咬まれたとき等、第三者の行為によって
起こったけがや病気でも健康保険を使って治療することができますが、
このような場合の医療費については、協会けんぽが一時的に立て替えをし、
その分の医療費を後で加害者に請求します。
この請求に必要な事項を確認する書類が「第三者行為による傷病届」となりますので
健康保険を使って治療する場合は、必ずご提出ください。

・家族や親戚との間の傷病(同乗中の自損事故)であっても届の提出が必要です
自損事故によって同乗者がけがをした場合は、運転者が加害者、同乗者が被害者であり
第三者行為となります。
同乗者が健康保険を使って治療したときは、「第三者行為による傷病届」をご提出ください。
(運転者は負傷原因届の提出が必要です)

詳しくはこちらをご覧ください
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3060/r143

 

【2】仕事中や通勤途中の傷病に健康保険は使えません
     ~「労災かくし」はいけません~

健康保険による給付は、業務外の傷病に対して行われます。
そのため、仕事中や通勤の行き帰りで負った傷病について、健康保険は使用できず
原則として労働者災害補償保険(労災保険)を使用して治療していただくことになります。
もし、健康保険を使用した場合は、いったん医療費を全額返還いただいてから
労災保険へ請求いただくことになるため、一時的ですがお客様の負担が大きくなってしまいます。
労災が発生した際に労働基準監督署への報告を怠ったり、虚偽の報告をした場合は、
「労災かくし」といわれ、犯罪となる場合もあります。
医療機関を受診される際には、負傷の原因を詳しく説明し、最初から労災保険を使用してください。

・労災保険の対象外であることを理由として健康保険を使用することはできません
労災保険上の「労働者」とならない事業主などが業務上で傷病を負った場合は、
原則として医療費を全額自己負担することになります。
ただし、労災保険には事業主などが加入する「特別加入制度」がありますので、
そちらに加入されることをお勧めします。

※被保険者数が5人未満の事業所の事業主や役員である場合、その業務が従業員の行う業務と
同一と認められた時は、業務上の傷病であっても健康保険を使用できます。

健康保険の範囲などについてはこちらをご覧ください
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3010/r58

厚生労働省ホームページで閲覧できる「労災かくし」パンフレットはこちらをご覧ください
(厚生労働省ホームページへリンク)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/rousaikakushi/index.html


【3】健診を受けたら特定保健指導もご一緒にいかがですか?

「特定保健指導」とは生活習慣病予防健診(特定健診)を受けた後に、
メタボリックシンドロームのリスク数に応じて、生活習慣の改善が必要な方に
行われる生活習慣改善のためのサポートのことです。
協会けんぽでは、加入者の皆さまの健康づくりを保健師、管理栄養士がお手伝いをしています。
健診結果をもとに、日頃の食生活や運動、その他健康に関する幅広いご相談に応じますので
ぜひご利用ください。

詳しくはこちらをご覧ください
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat420/r36


------------------------------------
■季節の健康情報&健康レシピ

季節の健康情報
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat510/h30/300701001
季節の健康レシピ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h30/300701002
------------------------------------




------------------------------------
■保険証が使用できるのは退職日までです!

退職等で資格がなくなった保険証を使用するケースが後を絶ちません。
無資格受診と判明した場合は、退職された方へ医療費の返還を求めています。
繰り返し催告を行っても返還いただけない場合には、裁判所への支払督促申立てや、
少額訴訟等の法的手続きを経て強制執行による回収を行っております。

協会けんぽの法的手続の実施状況
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g1/h30-6/300625001
------------------------------------


発行 全国健康保険協会(協会けんぽ)宮崎支部
   〒880-8546 宮崎市橘通東1-7-4 第一宮銀ビル5階
電話 0985-35-5364
         
協会けんぽホームページ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/

宮崎支部ホームページ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/miyazaki/