ページ上部です

海外療養費

海外でやむを得ず現地の医療機関で診療を受けた場合海外療養費が支給されます

海外療養費とは?

海外旅行中等(海外勤務での業務外の病気、ケガを含む)にやむを得ず現地の医療機関で診療等を受けた場合、申請により一部医療費の払い戻しを受けられる場合があります。

海外療養費が支給されるのは、日本国内で保険診療として、認められている医療行為に限られます。

 ※ 治療目的で海外へ渡航された際にかかる医療費は、支給の対象とはなりません。
海外イメージ

支給額の計算方法

日本国内の保険医療機関で、同じ傷病を治療した場合にかかる治療費を基準に計算した額(実際に海外で支払った額の方が低いときはその額)から自己負担相当額(患者負担分)を差し引いた額を支給します。

そのため、海外で支払った医療費の総額から自己負担相当額を差し引いた額よりも、支給額が大幅に少なくなることがあります。 

為替

外貨で支払われた医療費については、支給決定日の外国為替換算率(売レート)を用いて円に換算し、支給額を算出します。

申請方法

海外療養費の申請については、下記の提出書類が必要です。

  • 医科の場合 ⇒ 下記の (1)()(3)(5)(6)
  • 歯科の場合 ⇒ 下記の (1)(3)()(5)(6)

提出書類名

申請書等ダウンロード
(1)療養費支給申請書 療養費支給申請書

(2)診療内容明細書(様式A) 

 ※健康保険用国際疾病分類番号をご証明いただく際は、

 右記の「国際疾病分類表」を参照してください。

様式A

国際疾病分類表

(3)領収明細書(様式B) 様式B
(4)歯科診療内容明細書(様式C) 様式C
(5)領収書(現地でお支払いされた領収書の原本) 
(6)パスポートの写し(本人確認ができるページ及び、渡航確認ができるページ)

 

※

(1)療養費支給申請書の『療養の給付を受けることができなかった理由』欄に具体的な渡航目的(海外旅行、海外赴任等)を記入してください。
※

提出書類(2)(3)(4)については、1か月ごと、受診者ごと、医療機関ごと、入院・外来ごとに1枚ずつ医療機関の証明を受けてください。

※ 外国語で記載されている場合は、翻訳者の氏名、住所を記入した日本語の翻訳文を必ず添付してください。

申請できる期間

海外で治療費の支払いをした日の翌日から「2年」を経過すると、時効により申請ができなくなります。 

ご注意ください

  • 海外療養費の審査には、2~3か月かかる場合があります。
  • 海外から申請するときは、日本国内に在住の事業主または家族を経由して申請してください。
  • 協会けんぽから直接海外送金はできませんので、お手数ですが、事業主または家族に受け取りを委任してください。(※委任される場合は、療養費支給申請書の受取代理人の欄にご記入ください。)