ページ上部です

事業者健診データ(定期健診の健診結果)の提供についてのお願い

協会けんぽでは、加入者皆様の健康の保持・増進を目的として、事業所で実施されている定期健康診断〔労働安全衛生法に基づく健診〕の結果データの取得に取り組んでいます。

協会けんぽへの健診結果データの提供は「高齢者の医療の確保に関する法律」により事業主様に義務付けられています。(下記参考をご覧ください。)

よって、個人情報保護に関して責任を問われることはありません。

ご提供いただいた定期健康診断の結果に基づき、メタボリックシンドロームのリスクが高い方には、無料の健康相談(特定保健指導)を実施しています。

従業員の皆様の健康は、職場の明るい雰囲気や快適な職場づくりに欠かせない要素の1つです。生活習慣病の発症や重症化の予防のためにも、健診結果のご提供にご理解とご協力をお願いいたします。

その他事業者健診について、詳しくはこちらのパンフレットをご覧ください。

健診結果データの提供方法は同意書を提出いただき、①健診機関からデータで提供、②事業所様から紙媒体等で提出のいずれかです。

①同意書の提出

「事業者健診結果の提供に関する同意書」をご提出ください。

⑵同意書に記入された、健診機関へ協会けんぽ京都支部より、健診結果のデータ提供依頼をします。
※国が定めるデータ形式で提供できないなどの理由により、健診結果データの提供ができなかった場合、②の方法での提出をお願いする場合があります。

②紙媒体で提出(健診機関でデータ作成ができない場合)

以下の書類をご提出ください。

⑴ 「事業者健診結果の提供に関する同意書」
⑵「健診結果の写し」こちらで必要な情報がすべて記載されているかご確認ください。
⑶「問診票の写し」(健診結果に服薬歴や喫煙歴など問診内容が記載されてない場合のみ必要です。お手元にない場合はこちらを受診者様が記入してください。

 

参考

対象者:生活習慣病予防健診を受診していない、40歳以上75歳未満の協会けんぽに加入する被保険者本人

提供データ:保険者番号、保険証の記号・番号、氏名(カナ)、生年月日、性別、健診機関名(コード)、受診日、郵便番号、住所、身長、体重、BMI、腹囲、血圧、脂質(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール又はNon-HDLコレステロール)、空腹時血糖、HbA1c又は随時血糖(食後3.5時間以上)、肝機能(GOT、GPT、γ-GTP)、尿検査(尿糖、尿たんぱく)、既往歴、自覚症状、他覚症状、服薬歴、喫煙歴、メタボリックシンドローム判定、医師の判断、健診実施医師名

「高齢者の医療の確保に関する法律」

第27条-2 保険者は、加入者を使用している事業者等又は使用していた事業者等に対し、厚生労働省令で定めるところにより、労働安全衛生法その他の法令に基づき当該事業者等が保存している当該加入者に係る健康診断に関する記録の写しを提供するよう求めることができる。

第27条-3 前二項の規定により、特定健康診査若しくは特定保健指導に関する記録又は健康診断に関する記録の写しの提供を求められた他の保険者又は事業者等は、厚生労働省令で定めるところにより、当該記録の写しを提供しなければならない。