ページ上部です

健康保険委員とその役割

健康保険委員とは?

 事業所様と協会けんぽを結ぶパイプ役として、従業員の方への周知広報や相談対応などにご協力いただいております。健康保険法により、全国健康保険協会の定款に規定され、社会的にも認められた「健康保険サポーター」です。

健康保険委員の役割

  1. 健康保険に関する広報を社内に周知
    • 協会けんぽがお届けする広報について、事業主様及び従業員様への周知をお願いします。 
  2. 従業員様の相談相手に
    • 健康保険委員様には健康保険に関するお役立ち情報をお届けします。従業員様から給付金や保険証の再発行など、健康保険に関する相談があった場合にはご対応をお願いします。
  3. 協会けんぽの事業推進に協力
    • 事業主様や従業員様に対して健康保険事業に関する理解の促進や、健康づくり及び生活習慣病の予防に関する啓発、協会けんぽが行う各種事業への参加の呼びかけ等をお願いします。
    • 協会けんぽが実施している健康保険事業の運営やサービスがより良いものとなるよう、ご意見やご要望をお寄せください。

 ※いずれも日々のお仕事に支障のない範囲でご協力いただいております。

登録要件(全国健康保険協会健康保険委員規程より抜粋)

  • 熊本県内の全国健康保険協会が管掌する適用事業所の被保険者であること。
  • 社会的信望があり、かつ、協会が管掌する健康保険事業の適正な運営について、熱意と識見を有する者であること。