ページ上部です

D【事業所様へ】事業所での定期健診の結果データをご提供ください

健診の結果データとは?

・事業所では労働安全衛生法に定められた定期健診を利用しているため、協会けんぽの健診を利用していない。

・産業医契約をしている医療機関へ定期健診の実施を依頼している。

・業務内容により、協会けんぽの健診を利用するのは不都合があるため、別の健診機関で定期健診を利用している。

などの理由で、全く協会けんぽの健診を利用していない、もしくは一部の従業員のみ協会けんぽの健診を利用している事業主様には、定期健診の結果データの提供をお願いしています。

 

データ提供の対象者

 40歳以上75歳未満の協会けんぽの加入の方

  ※生活習慣病予防健診を受診された方、もしくは受診予定の方は除きます。

 

提供いただきたいデータの項目

(1)対象者データ

 健康保険証記号・番号、氏名(カナ)、生年月日(西暦)、性別、受診健診機関名、健診受診日、診断医師の氏名、医師の判断

(2)健診項目

 身長、体重、BMI、腹囲、血圧、肝機能(GOT、GPT、y-GTP)、脂質(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)、空腹時血糖(又はヘモグロビンA1c)、尿検査(尿糖、尿たんぱく)

(3)問診項目

 既往歴、自覚症状、他覚症状、服薬歴(血圧、血糖、脂質の薬の服薬歴)、喫煙歴

  

健診の結果データを提供したい場合は?

健診結果は、以下の3通りの提供方法があります。

  1. 協会けんぽから、受診された健診機関へ直接提供を依頼する。


    同意書を提出いただくことで、協会けんぽが健診機関へ、健診結果の提供を依頼します。
    事業所でデータの作成をする必要がないため、提供方法としては一番簡単なものとなります。

    ※健診機関でデータ作成に必要な情報を把握していない場合は、健診機関へ報告をお願いする
    場合があります。協会けんぽが代わりに報告することもできますので、同意書にご記入ください。
    ※必要に応じて、下記の同意書をご利用ください。
    同意書

  2. 事業所でデータを作成し、協会けんぽへ提供する。

    健診結果をデータ化して、CDで郵送する方法です。
    手順①こちらから「事業者健診結果データチェックツール」と「操作手順書」をデスクトップへダウンロードします。(必ず動作環境をご確認ください。)
    手順② 操作手順書を参考に健診結果を入力し、データを作成します。
    手順③ データがZIPファイルで作成されますので、CDでご郵送ください。

    ※協会けんぽのデータ作成ツールを使用し提供いただいたデータにつきまして、1件当たり158円(税込)のデータ提供手数料をお支払いしております。(平成25年4月CSV形式単価)
     

  3. 健診結果の写し(紙媒体)を協会けんぽへ郵送する。


    事業所で管理している健診結果の控えをコピーいただき、郵送する方法です。
    手順① 対象データ項目を確認し、漏れがないかを確認してください。
    手順② 確認が終わりましたら、対象項目以外の検査結果を削除してください。

    ※ご郵送いただいた健診結果に、項目の漏れがある場合は、確認のご連絡をさせていただきます。
    ※必要に応じて、下記の健康診断個人票、健診問診票をご利用ください。
    健康診断個人票
    健診問診票(H29年度)
    健診問診票(H30年度~)

 

健診データの提供についてのお問い合わせは、下記連絡先までお問い合わせください。

協会けんぽ鹿児島支部 保健グループ TEL 099-219-1735 (直通)

平日 8:30~17:15   (年末年始・祝日は除く)