ページ上部です

医療費の返納と、その後のお手続きについて

無効となった健康保険証を使用したとき。

 協会けんぽの加入者が医療機関等で受診の際に健康保険証を使用した場合、窓口では医療費の一部(1~3割)を負担しますが、残りの医療費(7~9割)は協会けんぽが負担しています。
 資格がなくなった(退職や被扶養者でなくなった等)あとに、健康保険証を使用されますと、協会けんぽが負担した医療費を返納していただくことになります。
 この場合、加入者ご本人(被保険者)に納付書等をお送りいたしますので、必ず納付期限までにお支払いいただきますよう、お願いいたします。

 

返納いただいた医療費は、受診時に加入していた健康保険から払い戻しを受けられる場合があります。

 協会けんぽの資格を失った日以後、受診日に他の健康保険(国民健康保険や健康保険組合など)に加入していれば、その健康保険から「療養費」として払い戻しを受けられる場合があります。
「療養費」の申請方法や請求期限などの詳細は、受診日に加入していた健康保険の保険者にお尋ねください。

 

払い戻しの請求に診療報酬明細書(レセプト)が必要な場合。

 受診当時に加入していた健康保険に払い戻しの請求をする際に、診療報酬明細書(レセプト)が必要になることがあります。
 その際は、「診療報酬明細書(レセプト)の交付申請書」を、協会けんぽ岐阜支部にご提出いただく必要があります。「診療報酬明細書(レセプト)の交付申請書」は、協会けんぽ岐阜支部からお送りいたしますので、お電話にてお申し出いただきますよう、お願いいたします。また、「診療報酬明細書(レセプト)の交付申請書」がお手元に届きましたら、必要事項を記入いただき、協会けんぽ岐阜支部へご返送いただきますよう、お願いいたします。

※「診療報酬明細書(レセプト)の交付申請書」による手続き以外に、診療報酬明細書(レセプト)が発行されることはありません。自動的にご自宅に送られてくることはありませんので、ご注意をお願いいたします。

 

【診療報酬明細書(レセプト)発行までの流れ】

 

納付書にて医療費の返納

               

「診療報酬明細書(レセプト)の交付申請書」の取り寄せ

               

「診療報酬明細書(レセプト)の交付申請書」に必要事項を
記入して協会けんぽ岐阜支部へ送付

               

協会けんぽ岐阜支部から
「診療報酬明細書(レセプト)」をお送りします

※診療報酬明細書(レセプト)は、「診療報酬明細書(レセプト)の交付申請書」を受け付けた後、医療費が返納されたことを確認してお送りいたします。なお、入金の確認までお時間を要しますので、できる限り、返納金をお支払いされた際の領収証のコピーを添付してください。(領収証の原本は添付しないでください)