ページ上部です

岐阜支部 第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)

岐阜支部では、「喫煙率の減少」「血圧を正常に保つ」ことに取り組み、「循環器系疾患の減少」を目指します。

1.健診データからみた健康課題

  • 喫煙率が30.8%。特に30代男性は45.4%と高い
  • 「収縮期血圧」の数値が全国平均より高い傾向が続いている  
  • 人工透析の患者数 590人(平成29年10月) と透析治療を受けている方が多い

2.岐阜支部の取組内容

①【加入者様】の健康状態を把握するため、健診受診を促進します

  <目標>

  • 特定健診受診率:平成35年度末 65%(平成28年度51.5%)

②【加入者様】の生活習慣改善に取り組みます

  <目標>

  • 特定保健指導の実施率:平成35年度末 35%(平成28年度19.8%) 
  • 喫煙率:平成35年度末 25%(平成28年度30.8%)
  • 減塩を意識する人:平成35年度末 55%

③【事業所様】へ情報提供を行い、事業所全体の健康意識を高めます

  <目標>

  • 健康経営認定事業所:平成32年度末 30社 (平成29年度18社)
  • 健康保険委員委嘱者数:平成30年度末 3,200人 (平成29年度2,924人)
  • メルマガ新規登録者数:平成30年度末 230人

データヘルス計画、協会けんぽ岐阜支部の第2期データヘルス計画について詳しくはこちらをご覧ください。