ページ上部です

保健指導に関する個人情報の共同利用を希望されない被保険者の方の届出について

 全国健康保険協会では、全国健康保険協会の保健師・管理栄養士が事業所にお伺いし、保健指導を行うにあたり、個人情報(保健指導対象者のお名前、特定保健指導支援コース)について、事業所にお知らせし、保健指導の勧奨及び日程調整をしていただくために、それらの情報を共同利用します。

 

 なお、個人情報保護法では、あらかじめ本人の同意なく個人データを第三者に提供してはならないとされていますが、第23条第5項第3号において、特定の者との間で共同して利用される個人データについては、個人データを共同で利用すること、共同して利用される個人データの項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的及び当該個人データの管理責任者の氏名又は名称、について、あらかじめ本人に通知し、又は本人が容易に知りうる状態に置いているときは、当該個人データの提供を受ける者は第三者に該当せず、個人情報取扱事業者は、本人の同意を得なくても、個人データを提供することができるとされています。

 

 以上により、全国健康保険協会と事業所は、加入者(従業員)の保健指導に関する個人情報(保健指導対象者のお名前、特定保健指導指導コース)を共同利用します。

 

1.共同利用する個人情報(個人データ)の項目

保健指導対象者のお名前、該当する特定保健指導支援コース

※健診結果データ及び相談内容は含みません。

 

2.共同利用者の範囲

保健指導対象者が勤務する全国健康保険協会適用事業所と全国健康保険協会

 

3.共同利用目的

適用事業所としては健康経営の推進のため、全国健康保険協会としては加入者の健康の保持増進の促進のため、協力して保健指導を進めることを目的としています。

 

4.個人情報の管理についての当協会における責任者

全国健康保険協会 愛媛支部

 

5.共同利用を希望されない場合

全国健康保険協会愛媛支部まで別紙(コチラ)にて申し出いただくか、健診結果を受け取り後2週間以内までに、ご本人より連絡いただき、保険証記号番号、お名前、生年月日と共同利用目的を希望されない旨お伝えください。

 

6.健診ご担当者・事業主の皆様へ

特定保健指導に関する個人情報は、ご本人様に対する不利益が生じないようにその取扱いに配慮を要する「要配慮個人情報」になります。健康診断の結果と同じように、大切な取扱いをお願い申し上げます。

あわせて、特定保健指導時には、ご本人様のプライバシーが確保される場所(会議室等)の提供にもご協力いただきますようお願いいたします。職場での実施以外にも、協会けんぽにお越しいただき受けることも可能ですので、お気軽にお問合せください。