ページ上部です

定期健康診断結果データの提供のお願い

平成20年4月から、医療保険者に対し、特定健康診査及び特定保健指導の実施が義務付けられました。当協会においても、平成29年度末の受診率の目標を65%と定めており、加入者の皆様の健康増進ならびに目標達成のため、特定健康診断・特定保健指導を中心とした保健事業に積極的に取り組んでいるところです。

その保健事業の一環として、労働安全衛生法に基づく定期健康診断の結果の提供をお願いいたします。

定期健診結果の提供に関する詳しいリーフレットは、こちらをご覧願います。

 

Q1.定期健診結果を提供すると、どうなるの?

ご提供いただいた健診結果をもとに、メタボリックシンドローム判定を行い、該当者に無料で特定保健指導を行います。また、特定健診実施率等の状況により、後期高齢者支援金が増減されるため、支出が減れば、将来の保険料の抑制につながります。

 

Q2.定期健診結果の提供方法は?

会社からは、加入者(ご本人)の健診結果の提供に関する「同意書」の提出のみをお願いしています。健診結果は、健診機関から協会けんぽへデータ形式で提供されます。

「同意書」のダウンロードは、こちらからお願いします。

 

Q3.健診結果(個人情報)を提供しても問題ない?

定期健診結果の提供は、「高齢者の医療の確保に関する法律」に定められているため、事業主様が責任を問われることはありません。

 

Q4.「同意書」の提出先は?

協会けんぽ青森支部まで、郵送またはご持参願います。

青森支部の所在地(郵送先)は、こちらをご覧願います。

  

お問い合わせ

協会けんぽ青森支部 保健グループ

電話:017-721-2723