ページ上部です

バックナンバーVol.168(H30.9.25発行)

◆◇◆╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ╋◇◆協会けんぽ愛知支部メールマガジン≪2018.9.25発行 vol.168≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋◆◇◆

こんにちは、協会けんぽ愛知支部です。

北海道胆振地方中東部を震源とした地震により被害を受けられた皆様に心より

お見舞い申し上げます。

このたびの震災に伴い、保険証を紛失あるいはご自宅に残したまま避難された

場合であっても、以下の3点を医療機関の窓口で申し出ることにより、

保険証がなくても受診することができます

ご不明な点は最寄の協会けんぽ支部までお問い合わせください。

 

1.氏名 2.生年月日 3.お勤めの事業所名

 

●協会けんぽ各支部のお問い合わせ先はこちらからご覧いただけます。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g7/cat710/sb7130/sbb7131/1762-620

 

 今回の内容はこちらです。

 目次

┏……………………………………………………………………………………┓

▼1.専門家コラム第5回「γ-GTPはアルコールを見るためのもの?」

▼2.協会けんぽからのお知らせ

・「病院で使えるだけじゃない!健康保険まるわかり講座」

連載第2回 限度額証があれば窓口負担が軽くなる!

・ご存知ですか?保険料1万円あたりの使い道

▼3.任継加入者の方へのお知らせ

▼4.被扶養者資格の再確認について

┗……………………………………………………………………………………┛

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

▼1.専門家コラム第5回「γ-GTPはアルコールを見るためのもの?」

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

健康診断の後で「γ-GTPが高いからアルコールをひかえなさい」と言われたことは

ありませんか?

アルコールをたくさん飲んでもγ-GTPが少しも動かない人もいるのですが多くの人は

アルコール摂取量に比例してγ-GTPが高くなります。

正常値は50~60程度までで、300未満程度ならそれほど問題はありませんが、

500を超えてくるとアルコールの身体依存が疑われます。経験的には

400を超えるような方は多少なりとも身体依存の状態にあるようです。

本人の危機感の薄さもあって、自分の意思だけでアルコールをやめようとしても

やめられないことがほとんどです。

結局、300未満の人はこちらから「アルコールを減らしなさいよ」と言っても、相手は

それを聞き流す、500を超える方は依存の度合いが高く、改善が難しいというのが、

ひそかな実感です。

γ-GTPは、アルコール摂取に鋭敏に反応するためこのような使い方をされることが

多いのですが、本当は閉塞系酵素と呼ばれ、肝臓内から十二指腸まである胆管の

どこかに閉塞があって胆汁の流れが悪い時に数値が高くなります。

先日、定期健康診断でγ-GTPが400を超えている人を呼び出しました。アルコールは

ほとんど飲まないと聞いてにわかに本気モードになり、消化器内科へ紹介しました。

その結果、肝門部胆管がんと診断され手術を受けて無事復職されました。

油断は禁物!

 

【健康コラム執筆 福井明先生プロフィール】

専門は内科、消化器内科。

産業医として企業で、職場のメンタルヘルス対策から生活習慣病予防、健診結果の見方まで幅広く、専門的立場で指導、助言を行う。

健康管理について、セミナー・講演会でも講師として登壇。

 

今回で福井先生の連載コラムは終了いたします。

ご愛読いただきありがとうございました。

次号からは愛知県歯科医師会による連載コラムがスタートしますので、

そちらもご期待ください!

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

▼2.協会けんぽからのお知らせ

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

◇◆◇連載「病院で使えるだけじゃない!健康保険まるわかり講座」◇◆◇

     第2回 高額療養費② 「限度額証があれば窓口負担が軽くなる!」

 

わたしたちが月に支払う医療費は、所得によって限度額(上限)が定められていて、一定の額までの支払いで済むようになっています。(これを高額療養費制度といいます)

ただし、この制度の利用は医療費を支払った後になるため、一時的とはいえ患者さんの負担が大きくなってしまうことがあります。

でも大丈夫!その対策として健康保険には、「限度額証」があります!!

限度額証とは、自己負担限度額を証明するものであらかじめ加入の健康保険に申請すると、誰でも交付を受けることができます。

保険証と一緒に提示することで、限度額までの医療費を計算してくれるので、負担額が軽減されます。

あらかじめ決まっている入院や手術の予定があれば、事前に申請しておくと便利ですし、後から高額療養費の申請をして払い戻しを受ける手間も省くことができます。

医療機関ごとの計算となるため、同月に複数の医療機関を受診している場合は、別途高額療養費の申請が必要な場合がありますのでご注意ください。

入院するなら「限度額証」!!ぜひ覚えておいてください。

 

次回は高額療養費③ 「扶養家族の医療費合算で家計の負担を軽減!」をお届けします。

●限度額証の詳細はこちらをご覧ください。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151

 

 

◇◆◇ご存知ですか?保険料1万円あたりの使い道◇◆◇

 

協会けんぽの平成29年度決算をお知らせします。

医療分で収入は約9.9兆円、支出9.5兆円となりますが、金額が大きすぎてピンとこない方も多いのではないでしょうか。

それでは、支出をみなさんの保険料1万円あたりに換算した場合はどうでしょうか。

(支出の多い順に掲載)

 

 1.病院等を受診した時の医療費 約5,543円

 2.高齢者の皆様の医療費への拠出金 約3,675円

 3傷病手当金や出産手当金等への給付金 約575円.

 4.健診・保健指導経費 約109円

 5.協会けんぽ事務経費 約59円

 6.その他の支出 約39円

 

全体の約4割と重い負担となっているのが、高齢者の皆様の医療費への拠出金です。

現役世代が負担していますが、少子高齢化が進む中、増え続ける医療費をどのように抑えるかが社会的な問題となっています。

協会けんぽでは、加入者の皆様に健康でいていただくため、また医療費削減のため、健診や健康づくり事業に積極的に取り組んでいます。

そして、この平成30年度より協会けんぽの47都道府県支部が、どれだけ健康増進や医療費を抑えるための取り組みを進めているかを5つの指標で評価して競い合う制度が始まりました。

この制度をインセンティブ制度といい、取り組み内容が良い上位過半数の支部にはインセンティブが与えられ、健康保険料率が引き下げられます。

皆様の取り組みを協会けんぽが全力でサポートしますので、一緒に健康づくりに取り組みましょう!

 

●平成29年度協会けんぽ決算報告はこちらをご覧ください。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g7/cat710/sb7060/1778-23530

●インセンティブ制度の詳細はこちらをご覧ください。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat550/insenthibuseido/insenthibuseido

 

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

▼3.任継加入者の方へのお知らせ

   (退職後、健康保険を任意で続けられている方へのご案内です)

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

健康保険の任意継続被保険者の10月分保険料の納付期限は10月10日(水曜日)です。

(口座振替は10月1日です)

期限までに納付して頂きますよう、よろしくお願いいたします。

●保険料の納付場所・方法については、こちらをご覧ください。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3180/sbb3180/1978-6172

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

▼4.被扶養者資格の再確認について

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

被扶養者資格再確認について、ご提出はお済ですか?

協会けんぽでは、高齢者医療制度における納付金及び保険給付の適正化を目的に、健康保険の被扶養者となっている方が、現在もその状況にあるかを確認させていただくため、毎年度、被扶養者資格の再確認を実施しています

まだお済でない方はご提出をお願いいたします。

 

●被扶養者資格の再確認について詳細はこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat590/20180331

 

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

協会けんぽ愛知支部メールマガジンは、現在約8,600名の方にご登録いただいています。

より多くの方に読んでいただけるように、引き続き会員を募集しています。

職場の方や、ご友人に協会けんぽ愛知支部メールマガジンのご紹介を

お願いします。