ページ上部です

バックナンバーVol.34(2018年7月4日発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 船員保険メールマガジン「うみがめ〜る」 

全国健康保険協会船員保険部 発行  https://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは、「全国健康保険協会船員保険部」です。(^o^)丿

船員保険メールマガジン「うみがめ~る」は

加入者の皆さまにとって有益でお得な情報をお届けします。

 

┏━━━┓ 

┃\_/┃ [TOPICS]

┗━━━┛ 

 

□1□ 平成30年8月から、70歳以上の方の高額療養費の自己負担限度額が変わります!

■2■ 柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方

□3□ その誤解はキケンです!生活習慣病

■4■ 「姫路港ふれあいフェスティバル」に出展します!

□5□ 船舶所有者の皆さまへ耳よりな情報!

    生活習慣病予防健診(一般健診・巡回健診)が無料になりました!

 

┌─┐

│1│平成30年8月から、70歳以上の方の高額療養費の

│ │自己負担限度額が変わります!

└─┴──────────────────────────────

船員保険の保険給付には、1か月間(1日から末日まで)にかかった医療費の

窓口負担額が高額となり、一定の金額(=自己負担限度額)を超えた場合、

その超えた金額が給付される「高額療養費」制度があります。

平成30年8月から、70歳以上の方の自己負担限度額が改正されることに

なりました。改正のポイントは、大きく分けて以下の3つとなります。

 

<改正のポイント>

■1 現役並み所得者(標準報酬月額28万円以上)の所得区分が、

  3つに細分化されます。

 

従来はひとくくりであった現役並み所得者の所得区分が、標準報酬月額を

基準に以下の3つに細分化されます。

 

<平成30年7月までの自己負担限度額>

 ・現役並み所得者

   外来(個人ごと)…57,600円

   外来+入院(世帯)…80,100円+(総医療費-267,000円×1%)

 

<平成30年8月からの自己負担限度額>

 ・現役並み所得者Ⅲ(標準報酬83万円以上)

   外来+入院(世帯)…252,600円+(総医療費-842,000円×1%)

 

 ・現役並み所得者Ⅱ(標準報酬53~79万円)

   外来+入院(世帯)…167,400円+(総医療費-558,000円×1%)

 

 ・現役並み所得者Ⅰ(標準報酬28~50万円)

   外来+入院(世帯)…80,100円+(総医療費-267,000円×1%)

 

※いずれの区分も、外来(個人ごと)の自己負担限度額がなくなります。

 

■2 上記のうち、現役並み所得者ⅡおよびⅠの方につきましては、

   限度額適用認定証の申請ができるようになります。

 

今年度に限り、該当の方に対して、7月上旬にご本人様のご自宅へ

限度額適用認定証をお送りします。

お手元に届かない方は、お手数ですが船員保険部までご連絡ください。

 

なお、現役並み所得者Ⅲ(標準報酬83万円以上)と一般所得者(標準

報酬26万円以下)の方は、高齢受給者証を提示することで自己負担限度額

までのお支払いとなるため、限度額適用認定証の発行の対象外となります

のでご注意ください。

 

■3 一般所得者の外来(個人ごと)の自己負担限度額が、

   18,000円に引き上げられます。

 

一般所得者(標準報酬26万円以下)の方につきまして、外来(個人ごと)の

自己負担限度額が14,000円から18,000円に引き上げられます。

なお、一般所得者区分または低所得者区分の方につきましては、

1年間(8月~翌年7月)の外来の自己負担額の合計額に、

年間14万4千円の上限が設けられています。

 

高額療養費の制度改正について、詳しくはホームページをご覧ください。

▼高額療養費について詳しくはこちら▼

 

┌─┐

│2│ 柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方

└─┴──────────────────────────────

 

整骨院や接骨院で柔道整復師の施術を受ける場合、船員保険から給付を

受けられる場合と受けられない場合があります。

また、仕事中や通勤途上におきた負傷は労災保険となりますのでご注意ください。

 

○船員保険から給付が受けられる場合

 ・打撲、捻挫、挫傷(肉ばなれ)などの急性または亜急性の外傷(ケガ)

  ※外傷性が明らかなものに限ります。

 (外傷性とは、関節等の可動域を超えたねじれや外力によって身体の

  機能に損傷を受けた状態を示し、慢性に至っていないものです)

 ・骨折、脱臼(応急処置の場合を除き、あらかじめ医師の同意が必要です)

 

○船員保険から給付を受けられない場合

 ・日常生活からくる疲労、肩こり、腰痛、体調不良

 ・単なるマッサージ目的の利用

 ・病気(神経痛・リウマチ・五十肩・関節炎・ヘルニアなど)からくる痛みやこり

 ・脳疾患の後遺症等の慢性疾患

 ・症状の改善の見られない長期の施術

 ・外科、整形外科で同時期に同じ部位の治療を受けているとき

 

なお、適正な施術であるかどうか確認させていただくため、負傷原因、

施術内容等について船員保険部より照会させていただくことがあります。

施術の記録や領収書の保管をしていただき、照会がありましたら

ご自身で回答書に記入できるよう、ご協力をお願いいたします。

 

柔道整復師への正しいかかり方をご理解いただき、適正な船員保険の

使用にご協力をお願いします。

 

▼柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方はこちら▼

 

┌─┐

│3│その誤解はキケンです!生活習慣病

└─┴──────────────────────────────

 

高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病は、動脈硬化を

進行させて、脳卒中や心筋梗塞などのリスクを高めます。

生活習慣病を正しく理解することが大切です。

 

■誤解1…高血糖と言われたけど、太っていないから問題なし!

 

高血圧・高血糖・脂質異常の人は、たとえ太っていなくても

脳卒中や心筋梗塞などにかかるリスクが高い状態です。

健診で基準値を超えていた場合は、生活習慣を見直しましょう。

それでも数値が改善しなかったり、健診で「要精密検査」等の

結果を受け取った場合は、すみやかに医療機関を受診しましょう。

 

■誤解2…症状が出たら病院に行くから大丈夫

 

生活習慣病の多くは自覚症状がなく進行し、気づいた時には病状が

進んでいて手遅れになることがあります。

早めに治療すれば、重症化を防ぐことができますし、軽症の場合は

薬を飲まずに生活習慣の見直しだけで済むこともあります。

 

生活習慣病は、自覚症状がなくても放置しておくと命にかかわる病気に

つながります。将来も健康的な生活を送るために、生活習慣病を正しく

理解し、生活習慣の見直しや医療機関の受診へとつなげましょう。

 

▼生活習慣病について、こちらもご覧ください▼

 

┌─┐

│4│「姫路港ふれあいフェスティバル」に出展します!

└─┴──────────────────────────────

 

船員保険部では、船員の皆さまの健康づくりを支援するため、

全国の港イベントに参加しています。

 

次回は、兵庫県姫路市で開催される「姫路港ふれあいフェスティバル」に

全国健康保険協会兵庫支部と共同でブースを出展します。

お近くの方はぜひお越しください!

 

日時:7月16日(月・祝)10:00~15:00

場所:姫路港 飾万津臨港公園(姫路市播磨区)

 

出展内容:血管年齢測定、肺年齢測定を無料で行います。

測定していただいた方には、数量限定ノベルティを贈呈します!

 

┌─┐

│5│船舶所有者の皆さまへ耳よりな情報!

│ │生活習慣病予防健診(一般健診・巡回健診)が無料になりました!

└─┴──────────────────────────────

 

4月から生活習慣病予防健診(一般健診・巡回健診)を無料にしました。

生活習慣病予防健診を受診いただくことにより、

船員手帳に健康証明を受けることができます(一部例外の健診機関も

あります)ので、船舶所有者の皆さまは大幅な経費削減のチャンスです!

 

詳しくは4月に会社へお送りしました、水色のパンフレット

「生活習慣病予防健診のご案内」をご覧ください!

 

もちろん船員の皆さまにもたくさんのメリットがあります!

ぜひ生活習慣病予防健診の受診をご検討ください。

※船員手帳の証明費用は別途かかります。

 

▼生活習慣病予防健診について詳しくはこちら▼

 

_________________________________

 

 編┃集┃後┃記┃☆┃

 ━┛━┛━┛━┛━┛

7月になりました。もうすぐ夏本番です。

近年の夏は非常に暑い日が続きます。熱中症には十分ご注意ください。

私が昨年8月の晴れの日に外を歩いていたら、

めまいや頭痛が起こりました。

幸い症状は軽かったのですが、その後1週間位体調不良が続きました。

水はしっかり飲んでいたつもりだったのですが…。

皆さまも外に出られる際はもちろん、

室内でも熱中症対策をしっかりと行って、夏を楽しみましょう。

 

__________________________________

 

全国健康保険協会船員保険部では随時メールマガジンの会員を募集しております。

ご家族やご友人、職場のお仲間にも、当メールマガジンをご紹介いただきますよう、

よろしくお願いします。

 

▼メールマガジン会員登録はこちらです。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo/g5/cat580/mailmagazine

 

▼メール配信先アドレスなど変更をご希望の方はこちらです。

https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/17764_ghab_7/index.do

 

▼メール配信停止をご希望の方はこちらです。

https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/17764_ghab_6/index.do

 

★・‥…――――――――――――――――――――――――――…‥・★

■発行元:全国健康保険協会 船員保険部

■住 所:〒102-8016

      東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビルディング14階

■電 話:03-6862-3060(携帯電話・PHS・IP電話ご利用の方)

     0570-300-800(固定電話ご利用の方は市内通話料金)

■船員保険部ホームページ https://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo
★・‥…――――――――――――――――――――――――――…‥・★