ページ上部です

バックナンバーVol.10(2015年5月1日発行)

┏┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏  船員保険メールマガジン「うみがめ~る」 vol.10 
┏┏                    
┏                    ≪平成27年5月1日配信≫
───────────────────────────────────
こんにちは、「全国健康保険協会 船員保険部」です。(^○^)/.
船員保険メールマガジン「うみがめ~る」は
加入者の皆さまにとって有益でお得な情報をお届けします。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏━━━┓ 
┃\_/┃ [TOPICS]
┗━━━┛ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1◆船員保険部からのお知らせ
【加入者の皆さまへ】
【1】ご旅行の際には1泊3,000円の補助が受けられます!

【船舶所有者・船員保険事務ご担当者の皆さまへ】
【2】社内研修などに「無料」で保健師等の健康づくりの専門家を派遣いたします!

◆2◆船員保険のQ&A
療養費(治療用装具)のQ&A

◆3◆健康サポート情報
【1】毎年5月31日は世界禁煙デーです(禁煙週間5月31日~6月6日)

【2】吹き飛ばそう5月病!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆1◆船員保険部からのお知らせ
┏━┓
┃1┃旅行の際に1泊3,000円の補助が受けられます!
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「今年はどこかに旅行へ行きたいけれど、家族が多いと出費も…」と
お悩みではありませんか?

船員保険の加入者の方は「日本旅行または近畿日本ツーリスト」にて、
事前に予約のうえ宿泊された場合、『お一人様1泊につき3,000円』の補助が
受けられます。
※年間(4月から翌年3月まで)お一人様につき2泊まで補助いたします。

 [例えば、ご家族様4名で2泊された場合の補助額(例)]
  なんと!『最大24,000円』になります!(3,000円×4名×2泊)
  とてもお得ですので、ご旅行の際には是非ご利用ください!

【ご利用方法】
 1.日本旅行または近畿日本ツーリストの窓口またはお電話にて、
   全国約3~4千か所の宿泊施設の中からご希望の宿泊施設を予約いただきます。
 2.船員保険部のホームページか日本旅行または近畿日本ツーリストの窓口にて
   入手いただいた利用申込書に予約内容等をご記入のうえ、
   旅行出発日の10営業日前までに船員保険部に到着(必着)するよう
   ご郵送ください。
 3.船員保険部において承認のうえ、利用申込書を返送いたしますので、
   旅行代理店に提出いただき、割引後の旅行代金をお支払ください。

詳しくは船員保険部のホームページをご覧いただくか、
船員保険部までお問い合わせください。

▼旅行代理店を活用した保養事業について
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo/g3/cat360/14

また、旅行代理店の契約宿泊施設のほか、船員保険会の保養所(全国で4か所)等に
宿泊された場合においても同額の補助が受けられます。
詳しくは船員保険会のホームページをご覧ください。

▼センポスの宿(一般財団法人船員保険会ホームページ)
http://www.sempos.or.jp/yado03.html

┏━┓
┃2┃社内研修などに「無料」で保健師等の健康づくりの専門家を派遣いたします!
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
船員保険部では加入者の皆さまの健康づくりを支援するため、
様々な取組みを行っていますが、
皆さまに健康問題について考えていただくきっかけ作りとして、
特に力を入れて取り組んでいるのが「出前健康講座」事業です。

■出前健康講座とは?
船舶所有者様や船員の方々が参加される各種研修会等に、
船員保険部から保健師や管理栄養士等の専門家を講師として派遣し、
船員保険の加入者の皆さまが抱えておられる健康問題や
職場や家庭における健康づくりの進め方について
学んでいただく場を提供する事業です。
(開催時間は通常1~2時間程度ですが、ご相談に応じます。)

■講座で学べる内容は?
保健師等がお話させていただく内容は、
主にメタボリックシンドロームや生活習慣病(特に糖尿病や高血圧など)の
予防に関するものとなりますが、実際のお話の内容等につきましては、
ご依頼者のご希望等も伺った上で、その都度ご相談させていただきます。

テーマによってはご希望に添えない場合もございますが、
船員保険の加入者の皆さまの健康の維持、増進につながるものであれば、
できるだけご要望に沿うよう検討させていただきます。

■費用負担およびお申込み方法について
保健師等の派遣に要する費用(講師料、旅費等)は、
船員保険部が全額負担いたしますので、
ご依頼者における費用負担はございません。
(講座資料のコピー・配布等についてご協力をお願いする場合がございます。) 

出前健康講座のお申込みは、
全国健康保険協会船員保険部管理グループで承っております。
開催のご希望がございましたら、
お電話等にてご連絡ください。必要な申込書をお送りします。
※準備の都合等もございますので、お申込みいただく場合は、
なるべく時間的に余裕をもって(通常、開催希望日の1か月程度前までに)
お申込みください。
なお、講師の都合等により、ご希望に沿えない場合がございます。

職場の皆さまで健康について考えていただく機会として、
「出前健康講座」を積極的にご活用ください。

◆2◆船員保険のQ&A
┏━┓
┃★┃療養費(治療用装具)のQ&A
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
療養費(治療用装具)とは、
業務外の事由により、療養のため医師の指示に基づき、
義手・義足・義眼・コルセット等の治療用装具を装着されたとき、
その費用の一部が払い戻される制度です。
この他にも、やむを得ない事情により
保険医療機関で保険診療を受けることができず
自費で受診したときなどの特別な場合には、
その費用の一部が払い戻される、「療養費(立替払)」
もあります。

Q1:医師の指示により、コルセットやサポーターを作成して
   全額自己負担しましたが、払戻しを受けることができますか?

A1:職務外の事由により、療養のため医師の指示に基づき、
   コルセットやサポーターなどの治療用装具を装着された場合には、
   「療養費(治療用装具)」の申請をいただくことで、
   お支払いになった金額の概ね7割(義務教育就学前は8割)が
   支給されます。
   ※治療用装具の種類によって金額が異なります。

Q2:支給対象となる治療用装具には、どのようなものがありますか?

A2:療養費の支給対象となる治療用装具は、主に以下のものがあります。
   ・骨折などの治療に使用する関節用装具、コルセット、サポーター
   ・小児の弱視・斜視・及び先天白内障術後の屈折矯正の治療用として
    用いる眼鏡及びコンタクトレンズ(9歳未満の小児に限る)
   ・リンパ節郭清術を伴う悪性腫瘍の術後に発生する四肢のリンパ浮腫の
    治療のために使用される弾性着衣(※)  など

   ※ 弾性着衣とは…
     リンパ浮腫の圧迫治療を行うための
     「弾性ストッキング、弾性スリーブ・弾性グローブ」のことで、
     これらを総称して、弾性着衣と言います。

Q3:申請方法を教えてください。

A3:療養費支給申請書をご記入のうえ、以下の書類を添付のうえご申請ください。
   (領収書及び各種証明書等につきましては、原本を添付してください。)

   ◎領収書
    (装具や眼鏡等の名称・種類及びその内訳別の金額が記載されたもの)
   ◎医師の意見及び装着証明書
    (弾性着衣等及び小児弱視等の治療用眼鏡等を除く(※))

   ※ 弾性着衣等及び小児弱視等の治療用眼鏡等の場合、
     「医師の意見及び装着証明書」は不要ですが、
     以下の書類が必要です。
   
   [弾性着衣等を作成された場合]
    ・弾性着衣等装着指示書
   [小児弱視等の治療用眼鏡等を作成された場合]
    ・治療用眼鏡等作成指示書
    ・患者の検査結果

▼療養費(治療用装具)について
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo/g3/cat310/2102-118587
▼療養費(治療用装具)の申請書
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/senpo/migration/g2/cat230/1/20091225-211257.pdf
▼療養費(治療用装具)の申請書記入例
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/senpo/new/g2/cat230/1/130328.pdf#page=2

◆3◆健康サポート情報
┏━┓
┃1┃毎年5月31日は世界禁煙デーです(禁煙週間5月31日~6月6日)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
船員保険部においては、平成27年度は、
加入者の皆さまの健康づくりに重点的に取り組むこととしています。

そのため、船員保険部では、
加入者の皆さまのこれまでの医療費の支払データや健診データを基に
保健事業を効率的かつ効果的に進めるための計画、
「データヘルス計画」を立てて、健康づくりを進めようとしていますが、
その際の2大目標のうちの一つが喫煙者の割合を減らすことです。

皆さんご自身も感じていらっしゃるかもしれませんが、
船員の方の喫煙率は、国民全体と比べてかなり高く、
その中でも、特に漁船関係の方は、さらに一段と高い状況にあります。

喫煙が健康に悪影響を与えることは明らかであり、
禁煙はがん、循環器病等の生活習慣病を予防する上で
何よりも重要です。

「健診で指摘を受けたから」、「子供が産まれるから」など、
人によって禁煙に取り組む動機やきっかけは様々ですが、
5月31日は世界保健機関(WHO)が定めた「世界禁煙デー」です。

また、5月31日から6月6日までの1週間は、
厚生労働省で定める「禁煙週間」ですので、
禁煙を考えていらっしゃる方は、これを機会に是非、取り組まれては
いかがでしょうか。

[世界禁煙デーとは?]
 喫煙は、がん、循環器疾患などの生活習慣病の重要な危険因子であり、
 喫煙者だけでなく、周りの非喫煙者の健康にも影響を及ぼすことから、
 健康づくりを進めるうえで喫煙対策が重要であることを踏まえて、
 世界保健機関(WHO)では、1988年から毎年5月31日を「世界禁煙デー」
 と定めました。
 この日を中心に、たばこと健康について理解と関心を
 深めるためのイベントやシンポジウムなどが世界各国で行われます。

[禁煙週間とは?]
 たばこの煙には約200種類の有害化学物質が含まれ、そのうち40種類以上は
 発がん物質です。
 また、受動喫煙の危険性やニコチンの依存性など、
 たばこの煙が健康に与える影響が大きな問題となっています。
 厚生労働省では、
 毎年、「世界禁煙デー」の5月31日から6月6日までの1週間を
 「禁煙週間」と定め、禁煙対策の推進、たばこと健康の関係についての
 国民の理解の促進を図っています。

 ※「政府広報オンライン」から一部転載

▼たばこと健康に関する情報ページ(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/tobacco/index.html

┏━┓
┃2┃吹き飛ばそう5月病!
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月は、新社会人をはじめ、転職や異動などにより
新しい環境で仕事を始められる方も多いと思います。

そうした中、心機一転、「よし、頑張るぞ!」と
元気いっぱいスタートを切ったものの、
ゴールデンウィークを過ぎてひと段落する頃から、
「やる気が出ない…」「なんとなく気分が落ち込む」、
「仕事に集中できない」などの症状に悩む方が現れる
場合があります。
これは「5月病」といわれるものです。

■5月病ってどんな病気?
多くは一時的な症状であり、適度な休息などで改善されることがほとんどです。
ただし、会社や仕事が苦痛に感じるなど、仕事に支障が出るような場合は
早めに医療機関を受診しましょう。
なお、「5月病」は正式な医学用語ではありません。
「適応障害」「軽度のうつ」といった診断名がつけられることもあります。

■5月病の原因は?
新しい環境での緊張とストレス、新生活への期待と現実のギャップ、
新しい人間関係をうまく築けないなどによる肉体的、精神的な疲労や
ストレスが原因と考えられています。

■5月病の症状は?
以下のような症状が見られます。
 ・やる気が起きない
 ・体がだるい
 ・ネガティブ思考になる
 ・頭痛、腹痛
 ・食欲低下
 ・思考力、集中力の低下 など

■5月病にならないための方法
 ・適度な休養をとる 
 ・栄養バランスをとれた食事を規則正しくとる
 ・睡眠を十分にとる
 ・自分に合った趣味を見つけ気分転換する
 ・適度な運動をする など
また日頃から悩みや愚痴を話せる相談相手を持つことも大切です。
さらに、GWの連休などで夜更かしや昼過ぎまで寝ているなど、
生活のリズムが崩れてしまいがちなので、規則正しい生活を心がけましょう。

■上司や周囲の人の対応
新しい環境で仕事に就いた方に対しては、
上司や周囲の方が積極的に声をかけるなど、
孤立させないような気軽に相談しやすい職場作りに努めましょう。
悩みがあるようならまずは受け止め、厳しく指摘しないことが大切です。
また、生活リズムが乱れている、今までと同じ仕事なのに仕事の能率が
落ちていることに気づいたら、専門医を受診することを勧めてみてください。

次のサイトには、メンタルヘルスに関する様々な内容が掲載されていますので、
一度ご覧になってはいかがでしょうか。

▼職場におけるメンタルヘルス対策(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/

▼みんなのメンタルヘルス(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html

▼こころの耳(働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト)
http://kokoro.mhlw.go.jp/

4月~5月は、引越しや人事異動など、
環境の変化により落ち込む人が多い時期です。
自分なりのストレス解消法を見つけて、
身体だけでなく、心の健康にも気をつけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編┃集┃後┃記┃☆┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛
アプリを利用して「楽しく」「自分のできる範囲(←重要)」で
ウォーキングに取り組んでいる編集Kです。
ただ、最近は気分転換に料理(揚げ物)をするようになり、
『運動(消費カロリー)< 食事(摂取カロリー)』になってきているので、
自重しようと思っています。

気分転換といえば、料理のほかにも野菜作りに挑戦しています。
といっても、子供と一緒にできるようにプランターを使った簡単なものですが…

毎朝、子供と一緒に、「大きくおいしくなーれ♪」と言いながら水やりをすると、
眠気もスッキリ!気持ちよく身支度ができるようになりました。
皆さまも、今までやっていなかったことに取り組んでみてはいかがですか?

今後は私の成長記録(横幅?)とともに、野菜の成長記録もお知らせできればと
思っています。
それでは、また来月号でお会いしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
■発行元:全国健康保険協会 船員保険部
■住 所:〒102-8016
      東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビルディング14階
■電 話 0570-300-800(全国どこからでも市内通話料金可)
        ※ IP電話・PHSなどご利用いただけない電話種類もあります。
          03-6862-3060 (一般電話)
■船員保険部ホームページ http://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★