ページ上部です

(平成29年度) 健診結果に応じた”あなただけの健康情報リーフレット”をお届けします!

全国健康保険協会船員保険部では、加入者の皆様の健康増進、生活習慣病の予防や重症化防止を図るため、個々人の健診結果に合わせた生活習慣の改善等に関する健康情報等をお届けしております。

健康情報リーフレットをお届けする方

平成29年度に生活習慣病予防健診または特定健診を受診された方、もしくは船員手帳の健康証明書の結果の写しを船員保険部に提供いただいた方のうち、以下のいずれかに該当する方にお届けいたします。

  1. 早期に医療機関を受診していただきたい方
  2. 生活習慣病の発症リスクが高く、特定保健指導をご利用いただきたい方
  3. 生活習慣の見直しや改善に取り組んでいただきたい方 

送付対象となる方は下表の基準によってリスクレベルの判定を行っています。

※一部条件によっては送付対象外となることがあります。
※特定保健指導(積極的支援、動機づけ支援)の詳細な基準はこちらをご覧ください。

健康情報リーフレットの発送時期

平成29年7月下旬より、順次発送いたします。

 

健康情報リーフレットの内容

健康情報リーフレットの特徴について、以下に簡単にご紹介いたします。

あなたの生活習慣病関連疾病の発症率、血管年齢は?

 

ご自身の健診結果から、将来の脳卒中や心筋梗塞、糖尿病の発症率と、血管年齢を算出しています。※1

 

今の健康状態の危険度を把握することにより、生活習慣の改善や見直しのきっかけにしていただけると幸いです。

 

※1「脳卒中の疾病発症率」「心筋梗塞の疾病発症率」「血管年齢」は国立がん研究センターが開発した「循環器リスクチェック」を用いて判定しています。「糖尿病の疾病発症率」はニッセイ情報テクノロジー㈱が開発した「糖尿病リスクコアロジック」を用いて判定しています。

 

 

 

 

あなたの健診結果の健康バランスや経年変化は?

 

ご自身の健康バランスをレーダーチャートに表示しています。各健診項目の基準値との差を確認しリスクの有無を確認できます。 また、同性同年代の平均値と比較することにより、現在のあなたの健診結果の位置づけも確認することができます。

折れ線グラフは、各健診項目を経年で見たときの検査値の変化を示しています。前回、前々回と比べて改善または悪化した項目などをチェックすることができます。

 

 

 

“卒煙”のおすすめ

 

喫煙をされている方には“卒煙”リーフレットを同封しています。近年の調査結果によれば、喫煙は肺がんだけでなく様々な疾病と因果関係があることが示されています。また、喫煙はご本人以外にも周囲の人に影響を与えています。

 

喫煙による疾病や周囲への影響、卒煙に関する体験談、禁煙成功のコツなど掲載していますので、卒煙への手引きとしてお読みいただけると幸いです。

 

 


健康情報リーフレットがお手元に届いた方へのお願い

健康情報リーフレットがお手元に届いた方は、ぜひご一読いただき、日常生活での健康管理にご活用ください。また、健康診断の検査値が治療レベルの方は早期に医療機関の受診、生活習慣病のリスクが重なりはじめている方は特定保健指導の利用をしていただくようお願いいたします。