ページ上部です

山梨支部 第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)

  保健事業実施計画(データヘルス計画)とは

 医療保険者は、医療費データ・健診データなど、加入者のみなさまの健康に関するデータを保有しております。保健事業実施計画(データヘルス計画)とは、これらのデータを分析して健康状態を把握し、効果的・効率的に健康づくりの事業を実施するための計画です。

 

 

 

  医療費・健診結果等からみた山梨支部の特性と健康課題

  •  男女ともHbA1c高値が非常に多い。  
  •  糖尿病、腎不全の入院外医療費が高い。
  •  新規特定疾病受療証(透析のみ)交付者のうち、66.7%が糖尿病あり。
  •  糖尿病性腎症による新規透析患者数が多い。

 

 以上の特性をふまえ糖尿病による人工透析者の新規発生を10%減少させることを目標とした「第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)」を進めてまいります。

  

  「山梨支部 第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)」について、詳しくはこちらをご覧ください。