ページ上部です

保険者機能強化アクションプラン(第4期)

(平成30年4月1日制定)
 全国健康保険協会(以下「協会」という。)は、保険者として健康保険事業を行い、加入者の健康増進を図るとともに、良質かつ効率的な医療が享受できるようにし、もって加入者や事業主の利益の実現を図ることを基本使命としています。

 その基本使命を実現するための保険者機能強化アクションプラン(第4期)では、協会けんぽの役割等について、①基盤的保険者機能、②戦略的保険者機能、③組織体制の強化の3つに分類した上で、それぞれ目的・目標を定めています。

 その上で、分野ごとに具体的取組を定めるとともに、3年後のKPI(重要業績評価指標)を設定し、事業計画と連動させ、評価・改善を行うことにより、PDCAサイクルを強化します。

<主な取組(詳細については、下記「全文」をご覧ください)>
①基盤的保険者機能関係
・ 現金給付の適正化の推進、効果的なレセプト点検の推進
・ 返納金債権発生防止のための保険証回収強化、債権回収業務の推進
・ オンライン資格確認の導入に向けた対応

②戦略的保険者機能関係
・ ビッグデータを活用した個人・事業所単位での健康・医療データの提供
・ データ分析に基づいた第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)の着実な実施
・ ジェネリック医薬品の使用促進
・ インセンティブ制度の本格導入
・ 医療データの分析に基づく地域の医療提供体制への働きかけ

③組織体制関係
・ 人事制度の適正な運用と標準人員に基づく人員配置
・ 支部業績評価の本格実施に向けた検討 

保険者機能強化アクションプラン(第4期)について

保険者機能強化アクションプラン(第4期)はこちら