ページ上部です

「クラウドサービスを利用したオンライン資格確認事業」に係る個人情報の利用にあたっての同意について

 個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)では、個人情報の目的外利用や第三者に提供する場合は、本人の同意を得ることとされております。

 全国健康保険協会では、一部の医療機関において、協会けんぽの加入者様の資格を確認できるシステムを導入しています。

 本事業は、医療機関における適正受診の推進、資格喪失後受診による返納金債権の発生抑制を目的としています。 

 具体的には、加入者様の保険者番号、事業所記号、被保険者番号、生年月日、性別、資格取得年月日(扶養認定日)、資格喪失日(扶養解除年月日)の情報を外部のクラウドサーバに格納いたします。医療機関は外部のクラウドサーバにアクセスすることにより、資格情報の有無(○×で表示)、資格喪失年月日(扶養解除年月日)を確認することができます。  

  これにつきまして、加入者様から特段のお申し出がない場合は、「同意(黙示)」をいただいたものとして運用させていただきますので、ご了承くださいますようお願いいたします。
 なお、同意をされない方、ご相談を希望される方は、ご加入の全国健康保険協会都道府県支部までお申し出ください。