ページ上部です

アクセシビリティポリシー

全国健康保険協会では、ウェブアクセシビリティへの配慮のため、JIS(日本工業規格)の「JIS X 8341-3:2010『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス- 第3部:ウェブコンテンツ』」及び、総務省「みんなの公共サイト運用モデル 改定版(2010年度)」の内容を踏まえて、「全国健康保険協会ウェブアクセシビリティガイドライン」を定義し、ウェブアクセシビリティの向上に取り組んでいます。

配慮項目

ページ作成上の配慮 

ページタイトルについて

  • ページタイトルは利用者が判りやすく内容を識別できる名称にします。
    また、同じページタイトルが複数存在しないように配慮します。
  • 見出しを設定する
    ページ作成に当たり、文章のまとまり(段落)ごとに、見出しを設定します。
    また、見出しは段落の内容を判りやすく表現します。 
  • 箇条書きを行う
    同じ段落の中で項目ごとに書き分けて並べる場合には「・」や「1,2,3」などの文字を用いて行うのではなく、専用の文法(リストタグの指定)を用いて箇条書きをします。

表記に関するの配慮 

  • 略語を用いない
    日付や金額等の表記は、「/」「( )」「¥」等の文字を用いて行うのではなく、「○月○日○曜日」「○○円」と表記します。
    色や形、文字の大きさで情報を表さない
  • 表記の統一する 
  • 機種依存文字を使用しない
  • 読み上げ順に考慮する
    音声ブラウザでの読み上げを考慮してページを作成します。

文字入力時の配慮 

  • 文字色・背景色に配慮する。
    文字色や背景色のコントラストに配慮し、内容を識別しやすい色の組み合わせを使用します。

画像を使用する時の配慮 

  • 代替テキストを設定する。
  • 変化や移動する画像・文字を使用しない
    変化や移動する画像、テキスト等は使用しません。
    画面に表示される内容は点滅させないようにします。
    GIFアニメや、点滅・移動するテキストは使用しません。

リンクに対する配慮

リンク文字列はリンク先を想像できる内容にします。

ホームページ全体に対する配慮

  • パンくずリストを全てのページに設定します。
  • 統一されたデザインや操作性を提供します。
  • フレームを使用しません。
  • 目的のページへの複数の到達手順を用意します。 
  • マウスだけでなくキーボードでも操作できるようにします。
    また、キーボードのフォーカスの状態が視覚的に認識できるようにします。