ページ上部です

出産で会社を休んだとき

出産のため会社を休んだときは、出産手当金が支給されます。

被保険者が出産のため会社を休み、その間に給与の支払いを受けなかった場合は、出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産予定日)以前42日(多胎妊娠の場合98日)から出産の翌日以後56日目までの範囲内で、会社を休んだ期間を対象として出産手当金が支給されます。出産日は出産の日以前の期間に含まれます。また、出産が予定日より遅れた場合、その遅れた期間についても出産手当金が支給されます。

提出していただく書類等

お読みください  申請書の印刷についてのお願い
  •  添付書類(申請期間の初日に属する月まで現事業所での12ヵ月の資格期間がない場合、この書類を添付していただく必要があります。詳細は記入例をご覧ください。)
  •  記入例はこちら

このPDFファイルを表示するためには「Adobe Reader」(無償)が必要です。お持ちでない方は、下記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードしてください。

アドビリーダーノダウンロードへ 

 

所定の期間の範囲については、産前産後期間一覧表 を参照してください。

 

出産手当金の額

平成28年4月からの制度改正について

 

傷病手当金を受けられるとき

 

資格喪失後の出産手当金

資格喪失の日の前日(退職日等)まで被保険者期間が継続して1年以上あり、被保険者の資格喪失の日の前日に、現に出産手当金の支給を受けているか、受けられる状態(出産日以前42日目が加入期間であること、かつ、退職日は出勤していないこと)であれば、資格喪失後も所定の期間の範囲内で引き続き支給を受けることができます。

 

制度については、こちらをご覧ください