ページ上部です

会社を退職するとき

退職後の健康保険制度ヘのご加入は、3つの選択肢があります。

退職後の健康保険には、「健康保険任意継続」、「国民健康保険」、「ご家族の健康保険(被扶養者)」の3つの選択があります。毎月納める保険料などを比較の上、選択された健康保険にお手続ください。

1.健康保険任意継続

健康保険任意継続のお手続きについて

  • 協会けんぽの保険証をお持ちの方
    お住まいの協会けんぽ支部ヘお手続きください。
  • 各健康保険組合(健保組合)発行の保険証をお持ちの方
    各健康保険組合ヘご相談ください。

2.国民健康保険

お住まいの市町村の国民健康保険の係へご相談ください。

※平成22年4月から「非自発的失業者ヘの軽減措置」が実施されています。詳しくは、市町村ヘご相談ください。

3.被扶養者

お勤めされている方(被保険者)の勤務先を通じて、ご相談ください。

 

健康保険任意継続制度について

会社などを退職して被保険者の資格を喪失したときは、次の1、2の要件を満たしている場合、ご本人の希望により継続して被保険者となることができます。

  1. 資格喪失日の前日(退職日)までに継続して2ヵ月以上の被保険者期間があること
    ※退職せず、勤務時間・日数の減少により健康保険の資格を喪失した場合も該当します。
  2. 資格喪失日から20日以内に、「任意継続被保険者資格取得申出書」を提出すること
    ※お住まいの住所地を管轄する協会けんぽ支部へご提出ください。
    ※健康保険組合に加入していた方は、健康保険組合にて手続きをします。

任意継続被保険者になった場合は、原則として、在職中と同様の保険給付が受けられます。ただし、退職日まで継続して1年以上被保険者であった方が、退職日時点で傷病手当金や出産手当金を受けているか、受ける条件を満たしている場合を除き、傷病手当金や出産手当金を受けることはできません。

 

提出していただく書類等

お読みください  申請書の印刷についてのお願い

 

このPDFファイルを表示するためには「Adobe Reader」(無償)が必要です。お持ちでない方は、下記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードしてください。

アドビリーダーノダウンロードへ

 

保険証の交付について

任意継続被保険者の保険証は、退職された事業所からの手続きが完了した後に作成し、ご自宅にお送りするため、お手元に届くまで多少の時間を要する場合があります。

 

任意継続被保険者の資格喪失日について

任意継続被保険者として加入できる期間は、2年間です。
※途中で「国民健康保険に加入する」「ご家族の健康保険の扶養に入る」等の理由で資格を喪失することはできません。

任意継続被保険者は、下のいずれかの日に資格を喪失します。資格喪失後、すみやかに協会けんぽ支部に保険証を返却してください。

  • 2年間の期間満了日の翌日
  • 保険料が納付されなかった場合、納付期限の翌日
  • 適用事業所の被保険者となった日(資格喪失申出書の提出が必要)
  • 75歳の誕生日、または後期高齢者医療制度の被保険者となった日(資格喪失申出書の提出が必要)
  • 死亡した日の翌日(埋葬料(費)支給申請書の提出が必要)

 

保険料について

  • 保険料は、退職等された時の標準報酬月額(平成25年度の上限は28万円)によって決定されます。
    事業所に勤務されていた時は、被保険者と事業主の折半で保険料を負担していましたが、任意継続被保険者の保険料は、全額自己負担となります。
  • 保険料の初回納付については、保険証をお送りする際に納付書が同封されていますので、記載の期限までに納付していただきます。期限までに納付されなかった場合は、任意継続の被保険者でなかったものとなります。
    月々の保険料を納付書で納付する場合、納付期限は、毎月10日(10日が土日・祝日の場合は翌営業日)と決められており、期限までに納付されなかった場合、任意継続の資格を喪失することになります。

非自発的失業者の方は国民健康保険料が軽減されます

倒産や解雇などにより自ら望まない形で失業された方(非自発的失業者)の国民健康保険料(税)について、概ね在職中の保険料の本人負担分の水準に維持されるよう、失業の翌年度末までの間、前年所得のうち給与所得を100分の30として軽減されます。このため、非自発的失業者の方は任意継続の保険料よりも安くなるケースが想定されますので、国保料軽減制度の適用を受けられるかどうかを市役所等へご確認ください。

 

保険証の返却について

被保険者もしくは被扶養者の資格を喪失したとき(退職後、任意継続資格喪失後)は、保険証・高齢受給者証を返却してくだい。

資格喪失日以降、それまで使用していた保険証・高齢受給者証は使用できません。誤って使用した場合、医療費のうち窓口にてお支払い頂いた額を除いた金額をご返還いただくことになります。すみやかに返却し、新しい健康保険ヘの加入手続きをしてください。

 

制度については、こちらをご覧ください