ページ上部です

平成28年熊本地震に係る全国健康保険協会の平成29年3月1日以降の対応について

このたびの熊本県を中心とする地震により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。 

さて、熊本地震により住家が全半壊するなど一定の要件を満たす場合は、平成28年10月から一部負担金等免除証明書を保険証とともに医療機関・薬局等の窓口で提示していただくことにより、一部負担金等を免除する取扱いとしております。

この一部負担金等の免除措置は、これまで平成29年2月28日までとしておりましたが、この度、協会けんぽ及び船員保険の一部負担金等免除措置を平成29年9月30日まで延長することといたしました。

つきましては、有効期限が平成29年2月28日までの免除証明書をお持ちの方で、保険証の記号番号に変更がない方には、新しい免除証明書をお送りしております。平成29年3月以降は、必ず「保険証」と新しい「一部負担金等免除証明書」を医療機関・薬局等の窓口にご提示ください。お手元に届いていない場合は、お手数ですがご加入の協会けんぽ都道府県支部までお問い合わせください。

なお、会社をご退職するなどして保険証が変更になった場合には、免除証明書は使用できなくなります。変更後の保険証が、引き続き全国健康保険協会から発行されている場合は、改めて一部負担金等の免除申請をしていただき、新しい免除証明書の交付を受けてください。(保険証の発行元が「全国健康保険協会」以外の場合は、保険証の発行元へお問い合わせください。)

一部負担金等の免除の詳細についてはこちらをご覧ください。