ページ上部です

限度額適用認定証について

Q1:入院することになりましたが、医療機関の窓口で医療費の支払いが一定額までになる制度があると聞きました。どのような制度ですか? 

Q2:70歳未満の方が入院する際の自己負担限度額はいくらになりますか? 

Q3:70歳以上の場合は、限度額適用認定証の手続きは必要ないのでしょうか? 

Q4:交付を受けていた限度額適用認定証の利用が終わりました。どのようにすればよいですか? 

Q5:退院後、通院で医療費が高額になりそうですが、入院の時と同じく限度額適用認定証は利用できますか?  

 

Q1:入院することになりましたが、医療機関の窓口で医療費の支払いが一定額までになる制度があると聞きました。どのような制度ですか?

A1:70歳未満の方が医療機関に入院するときなど、医療費が高くなりそうな場合、事前に全国健康保険協会船員保険部へ「船員保険限度額適用認定申請書」を提出いただくと、「船員保険限度額適用認定証」が発行され、医療機関の窓口に「船員保険限度額適用認定証」を提示することにより、医療機関に支払う1ヵ月分の医療費が一定の金額(自己負担限度額)までとなります。
なお、被保険者の所得区分により、1ヵ月の自己負担限度額が変わります

【ポイント】
平成24年4月からは外来診療でも、限度額適用認定証を利用することができるようになりました!
※個室の差額ベッド代、食事療養費、保険外の診療(自費)は対象外となります。

「船員保険限度額適用認定申請書」のダウンロードはこちらへ。 

Q2:70歳未満の方が入院する際の自己負担限度額はいくらになりますか?

A2:被保険者の所得区分により自己負担限度額の計算方法が異なります。

こちらをご参照ください。

Q3:70歳以上の場合は、限度額適用認定証の手続きは必要ないのでしょうか?

A3:70歳以上の方は、限度額適用認定証の手続きは不要です。
お持ちいただいています高齢受給者証を保険医療機関に提示することで、窓口における高額療養費の自己負担限度額までのお支払いとなります。

Q4:交付を受けていた限度額適用認定証の利用が終わりました。どのようにすればよいですか?

A4:ご利用が終わるか、有効期限を経過しましたら速やかに全国健康保険協会船員保険部までご返却ください。
ご返却は郵便でも可能です。 (所得区分が変更になったときも自己負担限度額が変更となります。その場合、新しい限度額適用認定証を交付しますので、それまで使用していた認定証のご返却をお願いします。)

Q5:退院後、通院で医療費が高額になりそうですが、入院の時と同じく限度額適用認定証は利用できますか?

A5:これまで、限度額適用認定証は入院のみでしか利用できませんでしたが、平成24年4月からは外来診療でも限度額適用認定証を利用することができるようになりました。
ただし、入院と外来診療はそれぞれ別々に取扱われます。(入院・外来診療それぞれ別々に自己負担限度額まで支払うこととなります)
なお、限度額適用認定証の利用の有無にかかわらず、その月中に入院分及び外来分(外来分は同じ医療機関で同じ診療科のものの合計額)にかかる支払いがそれぞれ21,000円を超え、なおかつ入院分と外来分の合計額が自己負担限度負担額を超えるとき、「高額療養費」の支給申請を別途いただくことで、再度自己負担限度額を計算し直して、超えた金額が払い戻しされます。