ページ上部です

疾病任意継続被保険者となるための要件

疾病任意継続被保険者となるための要件

(1)資格喪失日の前日までに、継続して2ヵ月以上の強制被保険者期間があること。

(2)資格喪失日から20日以内に申請すること。(20日目が土・日・祝日の場合は翌営業日)

※ただし、20日以内に届出ができなかったことに正当な理由(天災地変、交通、通信関係のスト等)があったと協会が認めた場合は、疾病任意継続被保険者になることができます。
※保険給付については、在職中と異なる場合があります。
詳しくは
こちらで内容を確認のうえ、疾病任意継続被保険者の加入手続きを行ってください。

 

申請の受付

全国健康保険協会船員保険部で行います。

 

申請に必要なもの

船員保険疾病任意継続被保険者資格取得申出書(PDF)」(印刷してご利用ください)

※被扶養者がいる場合、「船員保険被扶養者届【資格取得時】」欄に必要事項をご記入ください。
なお、被保険者との生計維持および同一世帯に関する証明として、下記の
書類をご用意いただく場合があります。

 【被扶養者になる場合の範囲、収入要件、添付書類】
  被扶養者の範囲 
 

■配偶者(内縁関係)
■被保険者の父母、祖父母などの直径尊属
■子、孫および被保険者の兄弟姉妹

■被保険者の伯叔父母、甥姪などとその配偶者、被保険者の子の配偶者、孫の配偶者、弟妹の配偶者、配偶者の父母など、左記以外の三親等内の親族
■内縁関係の配偶者の父母および子
同居要件

なし

あり
収入要件

■60歳未満の方

  • 年収が130万円未満、かつ、被保険者の年収の1/2未満
  • 別居の場合は、年収が130万円未満、かつ、被保険者からの仕送り額より少ない

■60歳以上または、障害者の方

  • 年収が180万円未満、かつ、被保険者の年収の1/2未満
  • 別居の場合は、年収が180万円未満、かつ、被保険者からの仕送り額より少ない

※年収は、過去における収入のことではなく、扶養の事実が発生した日以降の年間の見込み収入額のことをいいます。
※収入には、雇用保険や年金、傷病手当金、出産手当金等についても含まれます。

添付書類

<収入確認のための書類>

義務教育終了後(満16歳以上)の方を被扶養者として届け出る場合は、被扶養者の収入の有無にかかわらず、収入要件を満たすことが確認できる書類が必要です。(学生であっても、収入状況が確認できる書類の添付が必要です)

  • 所得証明書、非課税証明書
  • 給与証明、源泉徴収票、直近の確定申告の写し
  • 退職証明書、離職票の写しまたは雇用保険受給資格者証の写し
  • 年金の振込通知書、改定通知書の写し

                              など

※障害年金、遺族年金、傷病手当金等の非課税対象となる収入がある場合は、上記に加えて受取金額がわかる通知書のコピー等を添付してください。


 

<別居している方を届け出る場合の書類>

同居要件のない方で、被保険者と別居されている方を被扶養者として届け出る場合は、仕送り金額が確認できる書類の添付が必要となります。(16歳未満の方、または16歳以上の学生の方を被扶養者として加入させる場合には仕送り金額が確認できる書類の添付は不要です)

 

 

<同一世帯(同居)を確認するための書類>

新たに同一世帯(同居)の方を被扶養者として届け出る場合は、同一世帯であることを確認できる公的証明書(世帯全員の住民票 等)を添付してください。

※従前から引き続き扶養となる方は添付不要です。 

 

 

<被保険者との続柄を確認するための書類>  

新たに扶養として加入する方と被保険者の続柄を確認するための書類「世帯全員の住民票(続柄記載のもの」または「戸籍謄本(続柄が確認できるもの)」が必要です。

※従前から引き続き扶養となる方は添付不要です。 

 

 

<海外に居住している方を届け出る場合の書類>  

海外に居住している方につきましては、別途書類が必要になります。詳細はこちら(PDF)の5ページをご参照ください。 

添付書類は主に必要とされるものを掲載しています。場合によっては、ここに掲載されていない添付書類が必要になる場合があります
詳しくは、
全国健康保険協会船員保険部にお問い合わせください。