ページ上部です

疾病任意継続被保険者の保険料

【目次】 


1)保険料のお支払期限

毎月の保険料は、月初めに送付される納付書(払込取扱票)でその月の1日から10日(10日が土・日曜日又は祝日の場合は翌営業日)までにお支払いください。

納付書(払込取扱票)が届かない、納付書(払込取扱票)を紛失したという場合は、すみやかに全国健康保険協会船員保険部へご連絡ください。

(正当な理由なくお支払期限までに保険料のお支払いがないときは、お支払期限の翌日で資格を喪失することとなり、被保険者証は使用できなくなりますので、十分注意してください。)

初回保険料のお支払期限については、協会が指定した日となります。

(なお、正当な理由なくお支払期限までに初回分の保険料のお支払いがされないときは、被保険者の資格が取り消しとなります。) 

 

2)保険料のお支払方法

納付書(払込取扱票)によるお支払い

(ア)コンビニエンストア

くらしハウス、コミュニティ・ストア、サークルK、サンクス、スリーエイト、スリーエフ、生活彩家、セイコーマート、セーブオン、セブンーイレブン、デイリーヤマザキ、ニューヤマザキデイリーストア、ハセガワストア、ハマナスクラブ、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ヤマザキデイリーストアー、ローソン、ローソンスリーエフ(五十音順)

※MMK設置店もご利用いただけます。
※払込金額が30万円を超える場合、コンビニエンスストアではお支払いいただけません。

(イ)金融機関の窓口

ゆうちょ銀行・郵便局、みずほ銀行、三井住友銀行、農業協同組合、都道府県信用農業協同組合連合会

※上記以外の金融機関の窓口ではお支払いできません。

(ウ)銀行等のATM(現金自動預払機)

(ATMをご利用いただける金融機関)

ゆうちょ銀行・郵便局、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、群馬銀行、足利銀行、千葉銀行、横浜銀行、広島銀行、南都銀行、福岡銀行、親和銀行、東和銀行、京葉銀行、熊本銀行

(エ)インターネットバンキングやモバイルバンキングを利用されている方は、Pay-easy(ぺイジー)又はモバイルレジを利用してお支払いただくこともできます。

※Pay-easy(ぺイジー)については、日本マルチペイントネットワーク推進協議会のホームページ(http://www.pay-easy.jp/index.html)をご覧ください。

※モバイルレジとは、納付書(払込取扱票)に印刷されたバーコードを携帯電話で読み取り、モバイルバイキングを利用して支払いできるサービスであり、詳しくは、こちら、(http://bc-pay.jp/pc/about.html)をご覧ください。

Pay-easy(ぺイジー)を利用して支払いが可能な金融機関一覧はこちらです。

 

3)保険料の額

平成29年4月分から平成30年3月分までの保険料額

退職時の標準報酬月額×9.93%(40歳から64歳までの介護保険第2号被保険者に該当する方については、介護保険料率1.59%が加わり11.52%となります)です。
ただし、退職時の標準報酬月額が41万円以上の場合は、標準報酬月額は41万円です。

保険料額表については、こちらをご覧ください。

平成28年4月分から平成29年3月分までの保険料額

退職時の標準報酬月額×9.93%(40歳から64歳までの介護保険第2号被保険者に該当する方については、介護保険料率1.68%が加わり11.61%となります)です。
ただし、退職時の標準報酬月額が41万円以上の場合は、標準報酬月額は41万円です。

保険料額については、こちらをご覧ください。 

前納する場合の保険料額

疾病任意継続被保険者が前納する場合の保険料額については、こちらをご覧ください。

 

4)保険料の前納

保険料の前納制度を利用して、保険料を事前に一括して支払いすると、毎月の支払いの手間が省けるほか、支払い忘れの防止になります。
また、保険料が割引〔年4%(複利原価法による)〕になります。

前納できる期間

○6ヶ月分の前納

(ア)4月分から9月分まで
(イ)10月分から翌年3月分まで

○12ヶ月分の前納 

4月分から翌年3月分まで

※年度の途中で疾病任意継続被保険者となった方は、資格を取得した日の属する月の翌月分から9月分または翌年3月分までを前納することができます。