ページ上部です

はり・きゅうの施術の受け方

はり・きゅうの施術について、一定の要件を満たす場合は、「療養費」として船員保険を使うことができます。

船員保険が使えるはり・きゅうの施術は次のとおりになりますので、施術を受ける際にはご留意願います。

船員保険が使える場合

下記の1、2の両方の要件を満たす場合にのみ、船員保険を使うことができます。

1.支給の対象となる傷病であること

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 五十肩
  • 頸腕症候群
  • 腰痛症
  • 頚椎捻挫後遺症
◎支給の対象となる傷病が限られていますので、ご注意ください!

※神経痛やリウマチなどと同一範疇(はんちゅう)と認められる疾患についても支給の対象と認められることがあります。

2.医師がはり・きゅうの施術に同意していること

医師による適当な治療手段がなく(医療機関において治療を行い、その結果、治療の効果が現れなかった場合等)、はり・きゅうの施術を受けることを認める医師の同意がある場合です※。

※初回申請時には、必ず医師の同意書を添付してください。

 

はり・きゅうの施術を受ける場合の注意事項

1.医療機関との併用での施術は認められません

船員保険を使ってはり・きゅうの施術を受けることができるのは、医師による適当な治療手段がない場合のみですので、はり・きゅうの施術を受けながら、並行して医療機関で同じ傷病の診療を受けた場合は、はり・きゅうの施術は、支給の対象とはなりません。

医師から薬やシップを処方された場合も診療行為となり、はり・きゅうの施術は支給の対象とはなりませんのでご注意ください。

2.定期的に医師の同意が必要です

船員保険を使って継続して「はり・きゅうの施術」を受けるには、3ヵ月に一度、必ず医師の再同意が必要となります。
医師の同意のない施術は、支給の対象となりません

3.療養費支給申請書の内容を確認したうえで、委任欄は必ずご自分で記入・押印してください 

 『療養費支給申請書』は、施術を受けた方が施術費用の一部を船員保険に請求し支払いを受けるために必要な書類です。
施術者(はり・きゅう師)が被保険者に代わって『療養費支給申請書』を記入し、請求する場合は、委任欄への記入・押印が必要となります。
記入する場合は、傷病名・日数・金額などをよく確認したうえで、ご自分で記入・押印願います。

4.領収書は必ずもらいましょう

施術を受けられたら、必ず領収書を受け取り、金額を確認してください。
また、領収書は確定申告の医療費控除の申請の際にも必要となりますので、大切に保管してください。

 

施術内容について「船員保険部」よりお尋ねすることがあります 

はり・きゅう師から提出された療養費支給申請書について、適正な支払いを行うため、施術を受けた加入者様に「全国健康保険協会船員保険部」より電話または文書で、施術年月日、施術内容などを照会させていただくことがあります。
はり・きゅうの施術を受けたときは、施術の記録(負傷部位・施術日・施術内容など)、領収書の保管をしていただき、照会がありましたら、必ずご自身で回答いただきますようお願い申し上げます。