ページ上部です

事故にあったとき(第三者行為)

業務上および通勤途上以外の交通事故などで医者にかかったときは、船員保険で治療は受けられますが、かならず「第三者行為による傷病届」を全国健康保険協会船員保険部へ提出してください。

 

第三者の行為による傷病

交通事故など第三者(加害者)の行為によって、負傷したときは、治療費は原則として加害者(第三者)が負担することとなります。

業務上および通勤途上以外の第三者の加害行為によって負傷された場合は、船員保険を使用して治療を受けることも可能ですが、「第三者(他人)等の行為による傷病(事故)届」等の書類の提出が必要となります。
船員保険を使用した場合、かかった医療費については、保険者(全国健康保険協会船員保険部)が一時立て替え、後日、損害保険会社または加害者へ請求します。
全国健康保険協会船員保険部は、保険給付の価額の限度で被害者(被保険者等)が持っている損害賠償請求権を取得します(「代位取得」)。
代位取得した権利を行使することを「求償」といいます。

 

<免責>被害者(被保険者等)が第三者から同一の事由について損害賠償を受けたときは、保険者はその価額の範囲内で保険給付をしなくてもよいとされています。これを「免責」といいます。

第三者行為とは?

相手方がいる交通事故

自損事故の場合は、第三者行為による傷病届の届出は不要ですが、「負傷原因報告書」のみ提出してください。

同乗者がケガをした場合は、運転者が加害者となりますので、届出が必要です。

ケンカなどにより暴力をふるわれてケガをした場合
他人の飼っている動物にかまれてケガをした場合
工事現場などを通って落下物によりケガをした場合

 

第三者行為傷病のしくみ

 

示談と保険給付

被害者である被保険者や被扶養者は、保険者が代位取得した損害賠償請求権の内容を変更することはできません。
示談を行い、損害賠償を全額受けたり免除した場合などは、船員保険の給付が行われない事態も生じますのでご注意ください。