ページ上部です

バックナンバー(令和1年9月12日配信)

■◆■━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

協会けんぽ富山支部 『 きときとメール 』

       令和1年9月12日 配信

‥…━━━━━━━━━━━━━━━━□◇□

9月に入り、涼しくなりました。少しずつ過ごしやすくなり、徐々に夏から秋に変ってきた感じがします。そんな季節を感じる中で富山市八尾地区では全国でも有名な民謡行事「おわら風の盆」が今月初めに開催されました。民謡行事というと私の中では賑やかなイメージがありますが、静寂に行われるお祭りは新鮮さを感じると共に、とても風情がありました。雅な踊り等が魅力的な伝統行事を日本の宝として多くの方々に見ていただきたいと思います。

 

▼▽ TOPICS ▽▼

1. 医療のかかり方<意外と高い子どもの医療費>

2. ご家族様向け集団健診のご案内

3. こんなときどうする?~埋葬料(費)について~

4. けんぽスタッフのブログ

 

 

======================

1. 医療のかかり方<意外と高い子どもの医療費>

======================

最近は子育て支援策の一環として、子どもが医療機関にかかった際、医療費の自己負担額の一部あるいは全部を補助する自治体が増えています。この場合、窓口で支払う金額が少なかったり無料だったりするため、「子どもの医療費は安い」と思っている人もいるかもしれませんが、実際には大人と同額あるいはそれ以上の医療費がかかります。

 

▽詳細はこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat540/20130224001#point4

 

 

======================

2. ご家族様向け集団健診のご案内

======================

今年度も協会けんぽ加入の40歳以上のご家族様へ向けた集団健診を実施していますので、日程をご確認のうえ、受診してください。また、下記会場ではがん検診も同時に受診できます。がん検診は、受付時間が異なる場合がありますので、費用とあわせて下記リンク先のリーフレットにてご確認ください。

 

▽各市町村のご案内はこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/toyama/cat040/2019051502

≪直近で実施される市町村≫

①  氷見市

・9月29日、30日、10月11日(受付時間:8:30~10:00)

実施場所:いきいき元気館

②  黒部市

・9月20日(受付時間:8:30~10:00)

・10月2日(受付時間:17:00~19:00)

実施場所:黒部市民会館

③  魚津市

・9月26日(受付時間:8:30~10:00)

実施場所:健康センター

・10月9日 (受付時間:8:30~10:00)

実施場所:ありそドーム

④  滑川市

・9月24日 (受付時間:8:00~10:00)

実施場所:滑川市民健康センター

 

======================

こんなときどうする?~埋葬料(費)について~

======================

今回は被保険者および被扶養者が亡くなられた場合に支給される

埋葬料(費)についてご紹介します。

 

○被保険者が亡くなられたとき

<埋葬料>

被保険者により生計を維持されていたご家族が

申請します。(支給額5万円)

 

<埋葬費>

埋葬料を受けられる方がいない場合は

実際に埋葬を行った方が申請できます。(支給額は5万円の範囲内)

 

○被扶養者が亡くなられたとき

被保険者が申請します。(支給額5万円)

 

事業所では、被保険者および被扶養者が亡くなられた場合は

すみやかに保険証を回収し、資格喪失届または被扶養者異動届

を日本年金機構に提出してください。

 

▽詳しい手続きについてはこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3100/r149

 

======================

4. けんぽスタッフのブログ

======================

皆さんこんにちは。先日、一般財団法人自動車検査登録情報協会が発表したデータによると、富山県における自家用乗用車の世帯当たり普及台数は、平成31年3月末現在、約1.7台で全国2位だそうです。我が家でも以前2台所有していましたが、1台を故障のため手放したことを機に、マイカー通勤からバス通勤に変更しました。最初は不便に感じることもありましたが、そのうち、バスの乗車中は時間を自由に使えることや、経済的な負担が減ったことなど、メリットの方を強く感じるようになりました。さらに、バス停まで歩くことで、1日約2,500歩、歩数が増え、それを自然と継続できています。また、少し離れたバス停で降りるなど、意識して歩くようにもなりました。皆さんも生活の動線上に歩数を増やす仕組みを取り入れることで、無理なく続けられることから始めてみませんか?

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回の内容はいかがでしたか?
▼メールマガジンのご登録はこちらから
https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16498_oky_3/index.do
▼メールアドレスの変更・退会手続きについて
メールアドレスを変更される場合は、お手数ですがこちらから変更

手続きをお願いいたします。
https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16498_oky_2/index.do
今後、メール配信を希望されない場合は、お手数ですがこちらから

退会手続きをお願いいたします。
https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16498_oky_1/index.do

■◆■━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥
発行元:全国健康保険協会(協会けんぽ)富山支部
住所 :〒930-8561
    富山市奥田新町8-1ボルファートとやま6階
電話 :076-431-6156
富山支部ホームページ
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/toyama/

‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━□◇□