閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
島根支部

バックナンバー【第87号】(令和2年07月15日発行)


  こんにちは、協会けんぽ島根支部です。
 これからの夏本番を前に気をつけたいのは「食中毒」です。食中毒というと、飲食店での食事が原因と思われがちですが、家庭の食事でも引き起こす可能性があります。厚生労働省のHPにて「家庭でできる食中毒予防」のポイントがわかりやすくまとめられています。下記リンクからご覧になってください。
▼食中毒|厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html#h2_1

** Menu ********
○お知らせ
【1】「ヘルスアップサポート事業」のご案内
【2】ジェネリック医薬品に関する大切なお知らせ
【3】「高額療養費制度」のお知らせ
【4】「負傷原因の照会」へのご協力のお願い
○健康のすゝめ
★季節の健康情報 「食生活改善のすすめ」
★知っトク! 医療保険情報 「「かかりつけ薬局」を活用しよう」
★今月のへるし〜レシピ 
「ピーマン炒め煮」
***************

【1】 「ヘルスアップサポート事業」のご案内
協会けんぽ島根支部では「ヘルス・マネジメント認定制度」にエントリー(健康宣言いただいている事業所を対象にヘルスアップサポート事業を実施しています。
ヘルス・マネジメント認定制度にエントリーしていただくだけで、無料でご利用可能ですので、ぜひともお申込みをお待ちしております。

<サポート制度の一例>

○ヘルスアップサポート事業には、次の2つのメニュー(いずれも無料)があります
①「健康づくり出前講座」
生活習慣、食生活、歯科、運動、禁煙、メンタルヘルス、熱中症など、様々な講座をご用意しており、それぞれの専門家が事業所までお伺いし、講演を実施します。
“無料”で実施できますので、社内の研修会などにぜひご活用ください。
※現在、「健康づくり出前講座」の実施にあたっては事業所様にて「三つの密を避ける」などの新型コロナウイルス感染症の予防対策を徹底していただくことをお願いしております。

②「健康測定機器レンタル」
血管年齢測定器、肺年齢測定器、高精度体組成計、全自動血圧計の4種の機器を無料レンタルしております。送料、返送料もすべて協会けんぽが負担しますので、職場の健康意識向上のためにぜひご活用ください。
※現在、多数のご予約をいただいており、ご希望に添えない場合がありますことをご了承ください。

▼ヘルス・マネジメント認定制度についてはこちら│協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/cat070/20160425/20160425/

【2】ジェネリック医薬品に関する大切なお知らせ
 皆様のお薬代の負担の軽減につながる「ジェネリック医薬品」の使用を促進するため、処方されたお薬をジェネリック医薬品に切替えた場合に、どのくらいお薬代(薬剤料)の自己負担額が軽減されるかを試算した「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を自己負担額が一定額以上お安くなる方へお送りします(加入者(被保険者)様の住所へ直接送付いたします)。※送付時期は令和2年8月頃となります。
これまでにお知らせをお届けした方のうち、概ね3~4人に1人の方がジェネリック医薬品へ切り替えを行っており、平成21年度から30年度までの軽減効果額の累計は約1,639億円となりました。皆さまのご協力に厚く御礼を申し上げます。

▼ジェネリック医薬品について│協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat570/

【3】高額療養費制度のお知らせ
 医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証のご利用をおすすめしています。
医療機関等の窓口でのお支払いが高額な負担となった場合は、後から申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払い戻される「高額療養費制度」があります。
しかし、後から払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。
「限度額適用認定証」を保険証と併せて医療機関等の窓口(※1)に提示すると、1ヵ月 (1日から月末まで)の窓口でのお支払いが自己負担限度額まで(※2)となります。
 「限度額適用認定証」の申請の流れはとても簡単です。協会けんぽホームページから申請書を印刷し、必要事項をご記入のうえ、ご加入の協会けんぽ都道府県支部へ郵送で申請書を提出するだけです。後日、協会けんぽより郵送で限度額適用認定証をお届けいたします(島根支部では、申請後1週間程度でご自宅等へお届けします)。
 
※1 保険医療機関(入院・外来別)、保険薬局等それぞれでの取扱いとなります。
※2 同月に入院や外来など複数受診がある場合は、高額療養費の申請が必要となることがあります。保険外負担分(差額ベッド代など)や、入院時の食事負担額等は対象外となります。

▼限度額適用認定証について│協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151/

【4】「負傷原因の照会」へのご協力のお願い
 業務上及び通勤途上のケガ等については、原則として労災保険の適用となります。そのため、協会けんぽでは労災保険適用ではないことを確認する必要があり、「負傷原因の照会」を行っています。なお、医療機関から協会けんぽへ請求される診療報酬明細書(レセプト)が協会けんぽへ到着するのが、治療を受けられてから2~3か月後となりますので、かなり日数を経過してからの照会となりますが、適正な保険給付を行うためご協力をお願いいたします。
 
▽負傷原因の照会について│協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/cat080/01/202003/20150404/

○健康のすゝめ
★季節の健康情報 「食生活改善のすすめ」
▼https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/r2/20615_01/
★知っトク! 医療保険情報 「「かかりつけ薬局」を活用しよう」
▼https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat525/r2/20615/

★今月のへるし〜レシピ
このコーナーでは、健康増進支援サイト「へるし〜まね」内コンテンツ、「へるし〜レシピ」でご紹介しているレシピの中から、毎月旬な食材を使ったレシピや人気のレシピをご紹介していきます。
==============
今月のレシピ 『ピーマン炒め煮』
==============
材料(2人分)
・ピーマン      120g
・糸こんにゃく     80g
・干ししいたけ      2枚
・しらす干し       6g
・油           2g
(A)
・砂糖         4g
・料理酒        2g
・薄口しょうゆ     5g

作り方
(1)ピーマンは細切り、干ししいたけは水で戻し、千切りにする。
(2)糸こんにゃくは適当な長さに切り下茹でしておく。
(3)油で糸こんにゃくと干ししいたけを炒め、(A)を入れさらに炒める。
(4)(3)にピーマンも入れ、火が通れば、最後にしらす干しを入れる。

<ひとこと>
 皆さんは日頃、どのくらい意識して野菜を食べていますか。先日、ヘルスアップサポート事業の「健康づくり出前講座」のメニューの一つである『食べる力は生きる力~決め手は量とタイミング~』を受講したのですが、改めて自身の食生活を振り返ると思っている以上に野菜をとれていないことに気づきました。
 まずは簡単に作れる副菜を食事に一品プラスして、一日の野菜の目標摂取量350g以上を目指したいですね。

▽へるし~レシピはこちらから
http://shien32.kyoukaikenpo.or.jp/recipe/index.html

最後までお読みいただきありがとうございました。

*****************************
配信元
全国健康保険協会(協会けんぽ)島根支部
〒690-8531 松江市殿町383 山陰中央ビル2階
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/

このカテゴリーの他のページ
申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]