ページ上部です

協会けんぽ長崎支部メールマガジン 第70号

◆◆◆◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◆◆◆  協会けんぽ長崎支部

◆◆◆       メールマガジン 第70号

◆◆                        平成31年2月25日発行

◆______________K_Y_O_U_K_A_I_K_E_N_P_O__N_A_G_A_S_A_K_I___

 

こんにちは!協会けんぽ長崎支部です。

 

2月も終わりに近づき、春らしい日が増えてきましたね。

長崎市内でも積雪があった昨年と比べると、この冬は暖かい日が多かったように感じます。

だんだんと過ごしやすい日が増えてきた反面、花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

日本気象協会によりますと、九州地方のスギ花粉のピークは2月下旬から3月上旬の見込みです。

今年の花粉の飛散量は、平年並みか平年より多い予想となっています。

花粉症シーズンを乗り切るために、マスクを着用する等の花粉症対策に取り組みましょう!

 

それでは協会けんぽ長崎支部 メールマガジン第70号をお届けします。

 

 

――○●○ もくじ ○●○―――――――――――――――――――――――――――

1. 保健師・管理栄養士コラム 「ご存知ですか?世界腎臓デー」

2. 平成31年度生活習慣病予防健診の申込み受付について

3. 退職後の健康保険について

4. 季節の健康情報(コツコツ、カルシウムをとって骨を丈夫に!)

  季節の健康レシピ(かきのクラムチャウダー)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1:保健師・管理栄養士コラム 「ご存知ですか?世界腎臓デー」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

毎年3月の第2木曜日は「世界腎臓デー」です。

増加している腎臓病を防ぐため2006年に定められました。

毎年この時期には、各地で啓発イベントが開催されています。

今年の世界腎臓デーは、3月14日です。

 

腎臓は細い血管でできています。

血管は20代から少しずつ老いていくので、腎臓の機能も少しずつ低下していきます。

腎臓の機能が10%以下まで低下すると、人工透析や腎移植などを受けなければ生きていくことが出来なくなります。

そのため、腎臓の機能を保っていくことが大切です。

 

腎臓は「沈黙の臓器」と言われ、自覚症状が無いことが多いため、貧血やむくみ、疲労感などの症状を自覚したときにはすでに症状が進行している、ということが少なくありません。

腎臓病は、進行すると根本的な治療が難しく、早期発見・早期治療が重要です。

腎臓病の早期発見のために、慢性腎臓病(CKD)という新しい概念が生まれました。

慢性腎臓病(CKD)とは、以下の①または②の状態が3か月以上続くことをいいます。

①腎臓の働きが健康な人の60%以下に低下している

②たんぱく尿などの尿異常が明らかである

 

日本では、慢性腎臓病(CKD)患者が成人の約7人に1人いるといわれています。

慢性腎臓病(CKD)を早期発見し早期に治療を開始するためには、尿検査や血清クレアチニン値などを定期的に調べていくことが必要です。

 

腎臓は、直径0.2mmの細い毛細血管が毛糸状に絡まった「糸球体」という組織で血液の「ろ過」をしています。

糸球体で汚れた血液をろ過し、老廃物が尿として排泄されます。

毎分約1リットルの汚れた血液が腎臓に流れ込んで、1日約180リットルが糸球体でろ過されています。

その糸球体に障がいが起きると、本来再吸収されるはずのたんぱく質や赤血球が尿に出てきます。これが「たんぱく尿」や「血尿」です。

逆に、尿から排出されるべきクレアチニン(血液中の老廃物のひとつ)はろ過されず、血液に蓄積されていきます。この血液中のクレアチニンを「血清クレアチニン」といいます。

 

それでは、慢性腎臓病(CKD)を早期発見するために、健康診断の結果で注意していただきたいポイントを紹介します。

 

■「尿たんぱく」が陽性だったら

高熱のときや運動の後などには、たんぱく尿が出やすくなるため、早朝尿で検査をすることが大切です。

また、尿の濃さによって検出する感度が違ってくるので、定量検査を受けてどのくらいの量のたんぱくが尿に出ているのかを調べる必要があります。

しかし、検査で尿たんぱくが陽性であっても、本当に病的なものなのかはわかりません。

尿たんぱくが多いと腎機能低下の疑いがあるので、すぐに精密検査を受けましょう。

 

■「尿潜血」が陽性だったら

本当に血尿かどうかを判断するためには、尿の成分を詳しく顕微鏡で見る「尿沈渣」により、赤血球がどれくらい尿に出ているのかを調べる必要があります。

肉眼的血尿を認める場合、紅茶色やコーラ色であれば糸球体腎炎等の糸球体性血尿、血液色やピンク色であれば尿管結石等の泌尿器科性血尿が疑われます。

 

■「血清クレアチニン値」が高かったら

クレアチニンは筋肉から作られる老廃物で、ほとんどのクレアチニンは尿から排出されます。

性別、体格、筋肉量によって個人差がありますが、腎機能低下によって血清クレアチニン値は上昇します。

さらに、腎臓にどれくらい老廃物を排出する能力があるのかは、eGFR(推算糸球体ろ過量)で表します。

eGFRは、血清クレアチニン値と年齢、性別から計算します。

毎年のeGFRの値の推移に注意することが大切です。

 

尿たんぱく陽性や高血圧・糖尿病等の生活習慣病、喫煙は腎機能の低下をより早く進行させます。

健診結果の尿検査結果や血清クレアチニン値、eGFRなどに問題があった場合には、必ずかかりつけ医や腎臓専門医へご相談ください。

早めに対応することが腎臓を守ることにつながります。

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2:平成31年度生活習慣病予防健診の申込み受付について

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

平成31年度の生活習慣病予防健診の申込み受付を以下の日程により開始します。

 

【紙媒体(手書き用等の申込書等)を利用】

平成31年3月1日(金)

※対象者の方のお名前を印字した申込書は、例年と同様、平成31年3月下旬に事業主様へお送りいたします

 

【情報提供サービスを利用(インターネットを利用)】

平成31年2月18日(月)

※「健診対象者データダウンロード」「健診申込データアップロード」の両方が開始します

 

なお、健診の予約開始日は健診機関ごとに異なります(3月末まで予約ができない場合もあります)。

▽健診機関ごとの予約開始日等、詳しくはこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/shibu/nagasaki/cat040/2019021401

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3:退職後の健康保険について

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

退職後の健康保険には、「協会けんぽの任意継続※」「国民健康保険」「ご家族の健康保険(被扶養者)」の3つの選択肢があります。

各制度によって、加入条件や毎月納める保険料額等が異なりますので、比較・検討のうえお手続きください。

※健康保険組合が発行する保険証をお持ちの方は、健康保険組合にお問い合わせください

 

①協会けんぽの任意継続健康保険

手続き先:お住まいの都道府県の協会けんぽ支部

加入条件:・退職日までに被保険者期間が継続して2か月以上あること

       ・退職日の翌日から20日以内に手続きすること(郵送の場合は必着)

保険料:退職された時の標準報酬月額によって決定します。ただし、保険料の上限があります。

 

注意点:任意継続健康保険に加入できる期間は、2年間です。「国民健康保険に加入する」「ご家族の健康保険の扶養に入る」等の理由により途中でやめることができません。加入のお手続きをいただく前に、毎月納める保険料等をご確認の上お手続きいただくようお願いいたします。

 

②国民健康保険

お住まいの市区町村の国民健康保険担当課にお問い合わせください。

 

③ご家族の健康保険(被扶養者)

ご家族の勤務先にお問い合わせください。

 

▽協会けんぽの任意継続についてはこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3070/r147

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4:季節の健康情報(コツコツ、カルシウムをとって骨を丈夫に!)

  季節の健康レシピ (かきのクラムチャウダー)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

みなさんは、骨の健康のために何かされていますか?骨は、体を支える柱であり、脳や内臓などを守り、カルシウムを蓄える、とても大切な役割を担っています。

 

▽季節の健康情報はこちらから

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h30/310201001

 

 

かきにニンニクのみじん切りをまぶすことで、臭みが消え、さらにベーコンも加わって、コクのあるスープに仕上がります。具沢山のクラムチャウダーは、栄養のバランスもばっちりです。

 

▽季節の健康レシピはこちらから

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h30/310201002

 

 

========最後までお読みいただき、誠にありがとうございます!=======

今後も、皆様の健康づくりにお役立ていただける情報をお届けします。

健康づくりに関する身近な情報をはじめ、健康保険の制度改正や保険料率の変更など、

最新情報をいち早くお届けしてまいりますので、協会けんぽ長崎支部メールマガジンを

よろしくお願いいたします!

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

協会けんぽ長崎支部では、メールマガジン登録者を募集しています!

職場の方やご友人へ、ぜひご紹介をお願いいたします。

▽メールマガジンのご登録はこちらから

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/nagasaki/cat130/5681-113320

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

―――――――――――――――――――――■□■

協 会 け ん ぽ

全国健康保険協会長崎支部  企画総務グループ

〒850-8537

長崎市大黒町9-22 大久保大黒町ビル本館8階

電話 095-829-6000(代表)

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/nagasaki/

■□■―――――――――――――――――――――