ページ上部です

「子どもの医療費は安い」は間違い!?

≪「子どもの医療費は安い」は間違い≫

子育て支援策の一環として、子どもが医療機関にかかった際、医療費の自己負担額の一部あるいは全部を補助する自治体が増えています。この場合、窓口で支払う金額が少なかったり無料だったりするため、「子どもの医療費は安い」と思っている方もいるかもしれません。実際には大人と同額あるいはそれ以上の医療費がかかっていて、その大半は協会けんぽが負担している、つまり皆さまの保険料から支払われているのです。

 

≪乳幼児の初診料や検査料は大人よりも高い≫

検査や処置にかかる医療費の単価は大人も子どもも基本的には同額ですが、6歳未満の子どもの場合は加算がつくものがあります。たとえば初診料には750円、再診料には380円の乳幼児加算がつきます。また、心電図や超音波検査の中には通常の検査料に15~60%の加算がつくものがあります。また、診療時間外の受診時につく時間外加算も、6歳未満の子どもの場合、さらに高額になります。

 

≪子どもを病院に連れて行くか迷ったら救急相談へ≫

夜間や休日などに、子どもを受診させるべきか迷ったときは、受診前に、以下に紹介する子どもの救急専門の電話相談やホームページの情報を活用してみましょう。

 

●小児救急電話相談

夜間や休日の急な子どもの病気にどう対処すべきか、医療機関を受診すべきか迷ったときに、小児科医や看護師などの専門家に電話で相談できる制度です。

短縮番号【#8000】をプッシュすると、お住まいの都道府県の相談窓口に転送され、小児科医や看護師からアドバイスを受けられます。

受付時間等は厚生労働省のホームページで確認できます。

 

▼詳しくはこちら

こども医療でんわ相談

 

●こどもの救急

社団法人日本小児科学会が管理運営するホームページです。対象年齢は1か月~6歳で、夜間や休日などの診療時間外に医療機関を受診すべきかどうか、判断の目安を提供しています。

 

▼詳しくはこちら

 こどもの救急