ページ上部です

保険料は何に使われている?

みなさまが納付されている保険料が何にどれくらい使われているか、

意識する機会はなかなかありませんよね。

平成29年度の決算はこちらでご覧いただけますが、全体の収支金額はとても大きいため、

理解しにくいかと思います。

そこで、保険料1万円当たりの使い道を見てみましょう。

 

高齢者医療への拠出金が4割近くを占めています

 

 

注目!支出の約4割を占める「高齢者医療への拠出金」

 

拠出金の一部は、毎月の加入者数に基づいて算出されます。

そのため、たとえば扶養家族の方が就職された際などの届出が遅れてしまうと、その方の分も拠出金額の

計算対象となり、協会けんぽの支出金額が増えてしまいます。

被扶養者異動届の提出漏れが保険料率に影響を及ぼします

 

≪ 削減のためにできること ≫

 就職等で扶養家族でなくなったときには、被扶養者異動届を速やかに提出する

 

なお、毎年実施している「被扶養者資格再確認」は、拠出金支出を削減するための事業です。