ページ上部です

整骨院・接骨院のかかり方

 図1

 

 使える場合  健康保険が使える場合

● 外傷性の打撲、捻挫、捻傷(いわゆる肉離れも含みます

● 骨折、脱臼(※ 応急処置を除き、あらかじめ医師の同意が必要となります)

 

   図3

 

使えない場合

 

 

 

 

 健康保険が使えない場合

● 日常生活における単純な疲労や肩こり・体調不良など

● 病気(神経痛・リウマチ・五十肩・関節炎・ヘルニアなど)による、

  こりや痛み

● 脳疾患後遺症などの慢性病

● スポーツなどによる肉体疲労改善のための施術

● 保険医療機関(病院や診療所)にて同じ期間に治療しているもの

 

  ご留意いただきたいこと
❶負傷の原因を正確に伝えましょう。

 労働災害や通勤災害に該当する場合は、健康保険が使えません。

 また交通事故など第三者行為による負傷で受診した場合は、協会けんぽへご連絡をお願い致します。

 

❷「療養費支給申請書」の内容を確認し、必ず自分で署名しましょう。

 療養費支給申請書の内容(①自己負担額 ②受診回数 ③負傷名・負傷原因 ④施術内容)

 を確認し、ご自身で署名してください。

 

❸領収書をもらいましょう。

 全国健康保険協会から発行される医療費通知や受診照会等の書面と、内容を照らし合わせましょう。

 また、領収書は確定申告の際に所得税の控除の対象となります。大切に保管しましょう。

 

❹病院・診療所との重複診療はできません。

 同じ負傷について同時期に、「病院・診療所」の治療と、「整骨院・接骨院」での施術を

 重複して(並行して)受けることはできません。 

 

❺施術が長期にわたる場合には医師の診察を受けましょう。

 長期間施術を受けても快方に向かわない場合は、内科的要因(けがではなく病気によるもの)

 であることも考えられますので、一度医師の診察を受けましょう。 

 

協会けんぽ福岡支部では、柔道整復施術療養費の

受診内容照会を実施しています。

詳細はココをクリック

     おねがい  おねがい

 

担当グループ

業務部 業務第1グループ(柔整担当)