閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
福井支部

バックナンバー 第191号(令和2年9月25日)


 メルマガ配信をご希望される方はこちらからご登録ください!→ 新規登録


□■ _________________________ ■□
 協会けんぽ福井支部

メールマガジン 第191 

令和2年9月25 発行 

□■ _________________________ ■□

  • =====================

    こんにちは、協会けんぽ福井支部です!

    ご愛読ありがとうございます。

     

    暑い日々もだんだん落ち着き、季節が変化していくのを感じます。夏の終わりとともに夏の疲れがでてきますので、あらためて生活習慣を見直してみましょう。

     

    =====================

    • 目次

    1. 季節の健康情報

    2. 健康コラム

    3. 気軽にできるストレッチ

    =====================

    ---------------------------------------------------------------

    1.季節の健康情報

    ---------------------------------------------------------------

    ●健康を保つためには生活習慣の見直しが大事!「健康増進普及月間」をきっかけにしては?

     

    新型コロナウイルスでは「基礎疾患のある方は要注意」などと言われることもあり、あらためて健康について考えたり見直したりする機会が増えてきたのではないでしょうか。

    日本の平均寿命は年々伸びていますが、生活習慣病を持ちながら過ごされている方は多くいらっしゃいます。がん・心臓病・脳卒中・糖尿病といった生活習慣病は、もはや他人ごとではないものばかりです。

    そこで毎年91日から30日は「健康増進普及月間」となっています。これは厚生労働省が主体となって進めている健康増進に関する普及啓発活動で、運動・食生活などの個人の生活習慣改善の重要性について国民各々の理解を深め、健康づくりの実践を促進することを目的としています。

    この機会に、あらためて生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

     

    ●予防とは「かからないこと」だけではないのです

     

    生活習慣病の予防で大切なことは「かからないこと」。しかしすでに何かしらの生活習慣病を持っている方はどうしたら良いのでしょうか。

    生活習慣病の予防の考え方には3段階あり、一次予防・二次予防・三次予防とされています。優先すべきは一次予防の「健康の維持・増進」ですが、二次予防である「早期発見・早期治療」、三次予防である「重症化予防」も大切。一度なったら治ることは難しく、上手につきあっていかなくてはいけない生活習慣病の予防には、生活習慣の改善と健診受診が両輪となります。自覚症状がなくても、1年に1回の健診は重要です。

     

    ---------------------------------------------------------------

    2.健康コラム

    ---------------------------------------------------------------

    ●「自分は大丈夫」と思う方には、「七年の病に三年の艾を求む」という言葉を贈ります

     

    健診の重要性をお伝えしましたが、「自分は大丈夫」なんて、過信していませんか?

    そんな方に知っていただきたい「七年の病に三年の艾(もぐさ)を求む」ということわざがあります。いくら充分に乾燥させた艾が良品とされていても、七年の病の後に良品の艾を求めても意味をなさないということわざです。つまり、日頃からの心がけが大切で急場で状況を変えようと思ってもそうはいかないということ。

    生活習慣病は、重症化してはじめて「若い頃、もっとこうしていれば…」と悔やむような病です。病気になってから心を入れ替えても、長年の生活習慣を取り戻すことはできません。「自分は大丈夫」という過信を、ハッと目覚めさせてくれるのが健診結果でもあります。生活習慣の改善と健診受診の両輪で、健康増進していきましょう。

  • 健康ことわざ令和2年9月

  • ---------------------------------------------------------------

    3.気軽にできるストレッチ

    ---------------------------------------------------------------

    ●ストレス対策に!自律神経を整えるストレッチ

     

    生活習慣病予防で大切なことには、ストレスと上手に付き合うということもあります。ストレスから自律神経の働きが乱れ、なんとも言えない不調に悩まされることも珍しくありません。自律神経を整えるストレッチを取り入れてみましょう。

     

    ・身体をねじるストレッチ

    背筋を伸ばして椅子に腰かけ、左手を右側のお尻の後ろ、右手を左ひざの外側につけます。背筋を伸ばしたままお腹、胸、首の順にゆっくり左回りに後ろに振り返って、身体の軸を動かさず身体をねじります。1回20秒くらいの深呼吸をしながらねじり、終わったら手を左右変えて同様にねじります。

     

    ・呼吸を深くする伸びのストレッチ

    背筋を伸ばして椅子に腰かけ、腕をまっすぐ上に上げます。胸を張り、目線は上へ。深呼吸をしながら30秒間、手のひらを開きながら身体を伸ばします。

     

     

    =====================

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    次回の配信は、1010日予定●

  • =====================

    ▽メルマガの登録▽

    会員登録はこちらから
    https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16500_qky_3/index.do


    =====================


     


    【発信元】


    全国健康保険協会(協会けんぽ) 福井支部


    企画総務グループ


    【連絡先】


    910-8541


    福井市大手3-4-1 福井放送会館5


    TEL:(077627-8301





    申請書を選択
    [健康保険給付の申請書]
    [任意継続の申請書]
    [被保険者証再交付等の申請書]
    [医療費のお知らせ依頼]
    [交通事故や第三者行為によるケガの届]
    [健診の申込書]