ページ上部です

診療報酬明細書(写)の誤送付について

発生年月日

平成30年11月02日

事案

返納金にかかる診療報酬明細書(写)をA様に送付しましたが、A様のご依頼により、愛媛支部へ返送をうけて再度送付しなおす際に、誤ってB様に送付してしまいました。

発生原因

郵送物の受付の段階で、A様から返送を受けた診療報酬明細書(写)にB様が郵送に使用した封筒を誤って添付したこと、その後の対応において、A様とB様に関係がないことに気付かなかったため、本件が発生しました。

判明契機

誤って診療報酬明細書(写)を送付したB様からの連絡により判明しました。

対応

誤って診療報酬明細書(写)を送付したB様宅をお訪ねし、経過説明及び謝罪のうえ当該書類をお返しいただきました。A様へは、お電話にて経過説明及び謝罪のうえ、改めて診療報酬明細書(写)をお送りしました。

再発防止策

以下の3点を再発防止策として取り組みます。
①事務処理にあたっては、複数の情報による検索を行い、本人確認を徹底します。
②重要事項について、職員間で共有できるよう明示し、ダブルチェックを徹底します。
③愛媛支部職員に対し本件を周知するとともに、同様の事務処理誤りを起こさないよう指示・指導を行いました。