ページ上部です
重要愛媛支部

平成30年7月豪雨で被災された方の医療機関等での支払い免除期間延長及び還付請求方法について

 平成30年7月豪雨により被災した被保険者及び被扶養者の一部負担金については、平成30年7月5日~10月31日の間は支払いを免除する取扱いとしておりますが、今般、この取扱いを延長することとしました。

 また、一部負担金の免除に該当する方が既に保険医療機関等に一部負担金を支払っている場合の還付方法が決定しましたので、併せてお知らせいたします。

 

 

延長後免除対象期間

 

平成30年7月5日~平成31年2月28日

※平成30年12月31日までは、これまでと同様に医療機関等の窓口で口頭で申し立てることにより、一部負担金が免除されますが、平成31年1月1日~2月28日の診療分においては、協会けんぽが発行する健康保険一部負担金等免除証明書を健康保険証に添えて医療機関等へご提出いただきます。(健康保険一部負担金免除証明書の発行には、健康保険一部負担金等免除申請書のご提出が必要となります。)

 

 

 

一部負担金の免除対象者

 

下記の①及び②のいずれにも当てはまる方が対象となります。

 

①平成30年7月5日に平成30年7月豪雨に係る災害救助法(昭和22年法律第118号)の適用市町村(内閣府ホームページ)に住所を有していた健康保険法又は船員保険法による全国健康保険協会の被保険者又は被扶養者(災害発生以降、適用市町村から他の市町村に転入した者を含む。)

 ※愛媛県内の対象地域は以下のとおり(健康保険証等での確認)

  ・今治市

  ・宇和島市

  ・大洲市

  ・西予市

  ・八幡浜市

  ・北宇和郡松野町

  ・北宇和郡鬼北町

 

②医療機関の窓口において、平成30年7月豪雨を原因として、次のいずれかの状況にある方

  ・住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした者

  ・重篤な傷病(1か月以上の治療を要するもの。以下同様。)を負った被保険者及び

   その被扶養者

  ・被保険者の行方が不明である被扶養者

  ・主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った者

  ・主たる生計維持者の行方が不明である者

  ・主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止した者

  ・主たる生計維持者が失職し、現在収入がない者

  ・被災者生活再建支援法に基づく長期避難世帯に属している加入者

  ・その他、上記に準じた事情にある加入者

 

※豪雨災害のため、健康保険証を紛失又は自宅に残したまま避難をしている場合、「氏名」「生年月日」「連絡先(電話番号等)」「被保険者の勤務先(事業所名)」を医療機関に伝えることで、健康保険証を提示しなくても受診が可能です。

 

※後日、協会けんぽが免除を申し立てた方に確認を行う場合があります。

 

 

 

還付請求方法

 

 一部負担金の免除に該当する方で、既に保険医療機関等に一部負担金を支払っている場合は、下記の書類をご提出いただくことにより還付いたします。

 

健康保険一部負担金等還付申請書

・保険医療機関が発行した領収書(原本)

・一部負担金免除対象者であることを確認できる書類(※下記の①~⑥から必要な書類をご確認ください。)

 

  ①住家が全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準じた被災をした場合

   →平成30年7月豪雨に係る罹災証明書の写し

  

  ②被保険者が重篤な傷病を負った場合

   →平成30年7月豪雨の罹災により1か月以上の治療を要すると認められる旨を記載した

    医師の診断書の写し

  

  ③被保険者の行方が不明である場合

   →警察等に行方不明者に関する届出をしていることが確認できるものの写し

  

  ④被災者生活再建支援法に基づく長期避難世帯である場合

   →市町村が発行した「長期避難世帯に該当する旨の証明書」の写し

  

  ⑤主たる生計維持者が亡くなられた場合、重篤な傷病を負った場合、行方不明である場合

   a.死亡した場合

    ・死亡診断書の写し ・埋葬許可証の写し ・警察の発行する死体検案書の写し

    ・その他官公署が発行する書類で主たる生計維持者の死亡に係る記載があるもの

   b.重篤な傷病を負った場合

    ②と同じ

   c.行方不明である場合

    ③と同じ

  

  ⑥主たる生計維持者が業務を廃止または休止した場合、失職し現在収入がない場合

   a.業務を廃止または休止した場合

    公的に交付される書類であって、事実の確認が可能なもの

    (税務署に提出する廃業届、異動届の控え等)

   b.失職し現在収入がない場合

    雇用保険の受給資格者証、事業主による証明書