ページ上部です

保健指導 ビフォーアフター

特定保健指導の対象となった方が、青森支部の保健師と一緒に生活習慣の改善をした結果、体重が減るなどの効果が現れ、翌年の健診結果改善につながったケースをご紹介いたします。

一人で続けるのは、なかなか難しいものですが、特定保健指導を受けることで、保健師が定期的なアドバイスや励ましを行い、あなたをサポートいたします

 

特定保健指導(積極的支援)を利用して減量成功!「私はこれで痩せました!」

 

     こちらをクリック

 取組みのポイントと「保健師から一言」に注目!

 あなたの減量につながるヒントも見つかるはず!

   
 特定保健指導の事例紹介  

 

実践したこと

結 果

1

【運動】

 ・ウォーキングを週2回

 ・食事は楽しみの1つなので

  食事目標は設定しない

(47歳 女性)

 ・体重:-6.1kg、腹囲:-4cm

 ・血糖も下がり、メタボリスク改善

2

【食事】

 ・主食 ご飯 1杯 ⇒ 2/3杯

 ・食事の全体量を控える

 ・夕食時間を早める

(48歳 女性)

 ・体重:-4.9kg、腹囲:-6cm

 ・血圧も下がり、メタボリスク改善

3

【食事】

  ・夕食時、一口 30回噛む

(42歳 男性)

 

 ・体重:-5.5kg、腹囲:-8cm

 ・中性脂肪、血糖も下がり、

  メタボリスク改善

 

4

【食事+モニタリング】

 ・夕食を腹8分にする

 (就寝前の摂取カロリーセーブ)

 ・休肝日を週2日つくる

(41歳 男性)

 ・体重:-5kg、腹囲:-6.5cm

 ・血圧、中性脂肪、LDLコレステロール、

  総コレステロール等、すべてが改善

5

【食事+モニタリング】

 ・定期的な体重測定・記録(週2日以上)

 ・ご飯の量を 1/5減らす

 ・野菜・きのこ・海藻類を増やす

(48歳 男性・運転手)

 ・体重:-10.3kg、腹囲:-8.5cm

 ・血圧・総コレステロール、血糖が改善

6

【食事+運動】

 ・朝に牛乳を飲む

 ・昼食メニューの変更

  手作り弁当 または おにぎり+惣菜

 ・腹筋・腕立て

(40歳 男性)

 ・体重:-14.7kg、腹囲:-18.3cm

 ・血圧、中性脂肪、HDLコレステロール、

  血糖等、すべてが改善

7

【食事+運動】

 ・夜食回数を減らす(週4日 ⇒ 週2日)

 ・万歩計での歩数測定・記録

 ・1日2回の体重測定

(62歳 男性・製造業)

 ・体重:-3.8kg、腹囲:-7cm

 ・血圧、総コレステロール、血糖が改善

8

【食事+運動】

 ・野菜・海藻・きのこ類など

  繊維の多い食材を増やす

 ・運動を週3回する

  サイクリング型 運動器具を利用

(47歳 女性・事務職)

 ・体重:-14.2kg、腹囲:-17cm

 ・血糖が下がり、メタボリスク改善

9

【食事+運動】

 ・コーヒーの砂糖(3g×2杯)をやめる

 ・スローステップ運動を

  毎日 50回 × 2~3 回

(52歳 女性・事務職)

 ・体重:-3.4kg、腹囲:-1.5cm

 ・血糖が下がった

10

【食事+運動】

 ・1日1,200ml飲んでいた缶コーヒーや

  ジュース等の甘味飲料を無糖(お茶や

  ブラックコーヒー等)に変える

 ・ウォーキング30分を週2~3回

(55歳 男性・運転手)

 ・体重:-3.4kg、腹囲:-5.8cm

 ・中性脂肪、HDLコレステロール、

  血糖などが下がり、メタボリスク改善

 ・普段の血圧も良くなった