ページ上部です

12月の健康レシピ レモン香るあっさりカキ鍋

完成写真 

カキのうま味を生かした野菜たっぷりの鍋です。香り立つレモンの風味がアクセントとなり、
薄味に仕上げた鍋も素材の味を楽しめます。カキに含まれるタウリンは、弱った肝臓を回復する
作用もあり、忘年会などお酒を飲む機会の多いこの季節におすすめのメニューです。

材料 
  • カキ……大6個(180g)

(下ごしらえ用)

  • 塩水……水1000mlに対し塩大さじ2
  • 片栗粉……大さじ1
  • 焼き豆腐……1/2丁(150g)
  • 白菜……中1/6個(300g)
  • 春菊……1/3束(60g)
  • 長ねぎ……1/2本(50g)
  • にんじん……中1/4本(40g)
  • しいたけ……中4枚(約60g)
  • レモン……1個
  • 水……2カップ(400ml)
  • 昆布……1枚(5×10cm位)
    ※和風だし(顆粒)でも可……小さじ1/2

<A 調味液>

  • 酒……小さじ2
  • しょうゆ……小さじ2
  • みりん……小さじ2
材料写真 
作り方
1

鍋に水を入れ、昆布をつけておく。

作り方1
2

焼き豆腐は4等分に切る。白菜は葉と芯に分け、芯は4cm幅のそぎ切りにし、葉は4cm幅に切る。春菊は、茎の固い部分を切り落とし4cm位の長さに切る。長ねぎは幅1cm位の斜め切りにし、にんじんは薄めの輪切りにする。しいたけは石づきを取り、カサの表面に包丁を入れて十文字に飾り切りにする。レモンは最初に2等分したら、4枚分を薄い輪切りにし、残りをくし切りにする。

作り方2
3

カキをざるにあけ、塩水の入ったボールに入れ、手で軽く洗いぬめりを取る。流水で洗い流し、キッチンペーパーで水気を拭き取り、片栗粉をまぶしておく。

作り方3
4

1に白菜の芯、にんじん、焼き豆腐を入れ、火にかける。沸騰する直前に昆布を取り出す。

作り方4
5

Aの調味液、カキ、しいたけ、長ねぎ、白菜の葉を入れ、蓋をして煮込む。火が通ったら、春菊を入れ、再び蓋をして、しんなりしたら火を止め、輪切りのレモンを飾りつけ完成。器に取り分け、食べる際にお好みでレモンをしぼる。

作り方5
食材と栄養について 

カキ

新陳代謝の促進や皮膚・髪に潤いを与える亜鉛、肝臓の回復を助けるタウリン鉄分を豊富に含む低脂肪高タンパクの食材です。

春菊

抵抗力や免疫力を高めるビタミンAが豊富で、カルシウムも含む栄養価の高い食材です。

レモン

抗酸化作用のあるビタミンCが豊富な食材です。


【今月の健康情報は「忘年会シーズン!知っておきたい飲酒と健康の関係」がテーマです】

[レシピ考案・監修]管理栄養士 西村 真由美