ページ上部です

限度額適用認定証を上手に活用!

限度額適用認定証

 

 

限度額適用認定証をご活用ください

 

高額療養費制度では、医療機関より請求された医療費の全額を支払ったうえで申請することにより、自己負担限度額を超えた金額が払い戻しされます。しかし、一時的にせよ多額の費用を立て替えることになるため、経済的に大きな負担となります。
あらかじめ「限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関の窓口に提示することで、医療機関ごとにひと月の支払額が自己負担限度額までとなります。
また、平成24年4月からは、入院だけでなく、外来診療で窓口でのお支払いが高額になる場合も、「限度額適用認定証」をご使用いただけます。

なお、70歳以上の方は「高齢受給者証」を保険証とあわせて提示することにより、窓口でのお支払いが自己負担限度額までで済みます。(被保険者の方が低所得(非課税)に該当する場合は、申請が必要です)

 自己負担限度額などの詳細は、こちらをご覧ください。