ページ上部です

疑義照会を不要とする合意書について

院外処方箋の同一の銘柄変更の場合などあらかじめ取り決めた項目について、薬剤師法24条にある疑義照会を不要とする合意を結び、業務の効率化を図る取り組みが始まっています。

 

合意契約のメリット 

疑義照会の照会が約半数になった例も報告されています。

後発変更等に関する疑義照会が減少することで、担当医師の負担が軽減できます。

 

合意書の様式についてはこちら

院外処方せんに関する患者情報提供書の様式についてはこちら