ページ上部です

大分支部はAEDを設置しています

 AED(自動体外式除細動器)とは、けいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、大分県内でも公共施設、学校、企業等、人が多く集まるところを中心に設置が広まっています。

 大分支部以外の大分県内のAED設置場所はこちら(大分県のホームページより設置状況を確認いただけます。)⇒ 【大分県内AED設置場所