ページ上部です

バックナンバー vol.84 (令和元年6月10日発行)

┏━━━━━┓
┫ときメール┣━━━━…━━━━━…◆
┗━━━━━┛
 協会けんぽ新潟支部メールマガジン

    ♪ 第84号 ♪

 《令和元年6月10日発行》

━━━━━…━━━━━…━━━━━…◆

▼新潟支部ホームページ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/niigata

▼「ときメール」バックナンバー
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/shibu/niigata/cat130/190528-06

★「ときメール」は、県鳥『トキ』と『時』をイメージした名前です。毎月タイムリーな情報をお届けします★

★「ときメール」の使い方は自由!職場内で回覧したり、掲示したりしてご活用ください★

★「ときメール」を多くの方に勧めていただくと幸いです★


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

みなさんこんにちは、編集長TANAKAです。
5月号の最後にマラソン大会に出ると告知をしたとおり、5月19日(日)に長岡市の国営越後丘陵公園にて行われた、国営越後丘陵公園リレーマラソンに参加してきました。当日は、たくさんの参加者、応援の方で盛り上がり、マラソンも含めてとてもリフレッシュした一日になりました。また、マラソン大会はボランティアの方の大きなサポートで運営されています。そういった方々に感謝しつつ、気持ち良く広大な公園の中を走ることができました。
気になる結果は・・・まずは、制限時間内に皆で走り切ろう!という目標でしたので、その目標はなんとか達成できました。編集長は、一人で練習していたタイムよりだいぶ早いタイムで走れました。会場の皆さんの応援パワーのおかげと思っています!

∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵


━━━━━…━━━━━…━━━━━…◆
も┃く┃じ┃
━┛━┛━┛


【1】会社の健康づくり「健康経営宣言」しませんか

【2】被扶養者資格再確認について

【3】イベントのお知らせ

【4】あなたの行動で保険料が変わる?~インセンティブ制度②~
   ~不定期連載~教えて!編集長!

【5】季節の健康レシピ「鶏のから揚げ風」


┏━┓
┃1┃会社の健康づくり「健康経営宣言」しませんか
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「健康経営」とは、従業員の健康管理を経営的視点で考え、戦略的に実践することです。従業員と一緒に健康の維持や増進に取り組むことで会社の活性化やイメージ、業績を向上させていく取り組みです。
(「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です)

協会けんぽ新潟支部では、「健康経営」を行う企業に宣言いただき、協会けんぽと協働(コラボヘルス)することで企業の健康づくりを推進しています。
宣言後の具体的な取り組みは、「けんこう職場おすすめプラン」にてサポート。「聞いたことはあるけれどよく知らない・・・」「健康づくりが大切なのは分かるけど、何をしたら良いのか・・・」という事業所様も、このおすすめプランを使えばノウハウがなくても大丈夫です。社員の方への説明書や、会社全体でスムーズに取り組めるようなサポートキットも進呈しています。
まずはこちらから、エントリーシートを印刷して新潟支部までFAXにてお送りください!

▼健康経営宣言、けんこう職場おすすめプランについてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/niigata/cat070/190516-02/190516-03


┏━┓
┃2┃被扶養者資格再確認について
┗━┻━━━━━━━━━━━━━

例年6月から7月頃にかけて、従業員様の扶養家族の資格確認のため、被扶養者状況リストを送付し、確認をいただいております。今年度につきましては、9月下旬から10月中にリストを発送し、資格確認を行う予定です。なお、昨年度までは、18歳以上の被扶養者を対象に行っておりましたが、今年度は18歳未満を含めた全被扶養者を対象とします。

▼被扶養者資格再確認についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat590/info10531


┏━┓
┃3┃イベントのお知らせ
┗━┻━━━━━━━━━

■【6月30日】見附市健幸フェスタ

見附市主催の“楽しみながら健幸を考える”「健幸フェスタ」に、今年も協会けんぽのブースを出展します!毎年ご好評いただいている、血管年齢測定、健康相談を今年も実施!楽しみながら、健康について学びませんか?子どもから大人まで楽しめる内容が盛りだくさんです!みなさんのお越しをお待ちしております♪

開催日:令和元年6月30日(日)
時間:9時~16時
会場:ネーブルみつけ(見附市学校町1-16-15)
協会けんぽの出展ブースでは血管年齢測定、健康相談、血圧測定を行います


■【7月】事務講習会

社会保険の手続きについて講習会を行います。事務手続きの基本を確認したい方を対象とした内容ですが、どなたでもご参加いただけます。参加料は無料です。

【講習内容】
厚生年金保険・健康保険の仕組みと事務手続きについて
(講師:日本年金機構年金事務所職員、全国健康保険協会新潟支部職員)

開催期間・場所、申込みについては新潟県社会保険協会のHPをご覧ください(7月の講習会については更新をお待ちください)。

▼講習会の申し込みや詳細についてはこちら(新潟県社会保険協会のHPへ)▼
http://www.niigata-inet.or.jp/nshkyoukai/


┏━┓
┃4┃あなたの行動で保険料が変わる?~インセンティブ制度②~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

保険料の「インセンティブ(報奨金)制度」についてお伝えするこのコーナー。今回は評価指標の②特定保健指導の実施率についてお知らせします。

特定保健指導とは、健診後、血圧や血糖、喫煙などの項目で、まだ病院で治療を始める段階ではないけれど、このままだと生活習慣病の発症リスクが高いと判定される方に対して行う健康相談です。新潟支部では、健康診断の受診割合は全国でも高いのですが、その後の特定保健指導を受ける方がとても少ないんです。
前回、指標①特定健診の受診率は全国2位とお伝えしましたが、この特定保健指導実施率は全国36位となっています(H30年4月~9月のデータを用いた暫定値)。

●○●~不定期連載~教えて!編集長!●○●
特定保健指導?あまりよく知らないな・・・そんな方に向けて、今回はこの「特定保健指導」を掘り下げます。

(・0・)< 編集長!その特定保健指導ってどんなものなの?
健診結果からメタボリックシンドロームのリスクを判定します。対象となった方のお勤め先に、健康づくりのエキスパート、保健師・管理栄養士が訪問し、個別の健康相談を行います。対象となった方に合わせて、生活習慣改善のために取り組むメニューを決めて、3か月~6か月の期間取り組みます。

(・0・)< ふーん・・・なんだか難しそうだし、そんなに長く、続けられるのかな?
専門家がお電話やお手紙、テレビ電話を利用して、続けられるようにサポートします!実際に、取り組んで体重や健診結果が大幅に改善する方もいらっしゃるんですよ。今も一緒に頑張っていらっしゃる方がたくさんいます。

(・0・)< そうなんだ!どうやったら受けられるの?
対象となった方のいらっしゃる事業所様あてに、特定保健指導の日時を仮に設定したご案内をお送りします。ご都合を確認いただき、FAXにてご返答ください。併せてお電話でもご連絡しています。
健診の受診状況により、すべての事業所様に案内ができない場合があります。健診後、半年経っても案内が届かない場合は新潟支部までご連絡ください。ご希望の事業所様へ優先してご案内いたします。


▼インセンティブ制度についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/niigata/cat080/2019-2-5-1

▼特定保健指導についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat420/r36


┏━┓
┃5┃季節の健康レシピ「鶏のから揚げ風」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━

みんな大好き鶏のから揚げ。でも、揚げません!今回は、カロリーが気になる人でも満足感のある「から揚げ風」です。これからは台所がとても暑くなってきますので揚げ物も一苦労ですよね。そんな時はこのレシピを使ってみてください。

▼「鶏のから揚げ風」のレシピはこちら▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h31/1060102

▼季節の健康情報「体重が増えたと感じたら」▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h31/1060101


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

マラソン大会番外編≪編集長は見た!≫

はじまりは、マラソン大会前、仕事の帰り際のことでした。
編集長の上司Sと隣の課のKさんが、マラソン大会の持ち物の打ち合わせをしています。

「運動するし熱くなりそうだから、飲み物を準備していこう!」「スポーツドリンクは何本いる?ゼリーも冷やして持っていく?何買っていく?」
と盛り上がっているところにやってきたA保健師。買い物リストの内容を見て・・・
「スポーツドリンク?ゼリー?こんなにいりません!水分は大切だけど、糖分の取りすぎは良くありません!」
上司S「じゃあ何本ぐらいにする?」
A保健師「1本で十分です!」
Kさん「一人200mlしか飲めないの・・・?」
A保健師「水、お茶を持っていく!」
しょんぼりする上司S、Kさん

様子を見ていた編集長はそっと帰ったのでした。

A保健師によると、運動量に合わせて適切に摂ることが大切だそうです。特にこれからは、熱中症の心配がでてきますよね。水分はこまめに摂ることはもちろん、塩分が失われることも体の不調の原因につながります。塩分を含む飴やタブレットを上手く利用し、熱中症から体を守りましょう。

今月も最後までお読みいただき、ありがとうございました!
★次号は、7月中旬の配信です★

∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵


━━━━━…━━━━━…━━━━━…◆

■発行元:全国健康保険協会(協会けんぽ)新潟支部
■住 所:950-8513
     新潟市中央区東大通2-4-4 日生不動産東大通ビル3階
■電 話:025-242-0260(代表)

Japan Health Insurance Association NIIGATA

━━━━━…━━━━━…━━━━━…◆