ページ上部です

協会けんぽ京都支部「データヘルス計画」

データヘルス計画とは

データヘルス計画とは、医療保険者が保有する健診・レセプトデータを分析・活用して、加入者の皆様の健康づくりや重症化予防等の保健事業を効果的に推進するために作成する計画です。平成27年度から29年度までを第1期として医療保険者が策定することとされており、協会けんぽ京都支部においても平成26年度に第1期のデータヘルス計画を策定いたしました。

 

目 標

・平成24年度比で健診リスク保有率6項目について減少させる
・被扶養者の特定健診受診率を平成29年度末に39%とする

なお、協会けんぽ京都支部のデータヘルス計画について、詳しくはこちらをご覧ください。
協会けんぽ京都支部は、このデータヘルス計画に基づき、加入者の皆様の健康増進に向けた取り組みを積極的に推進してまいります。