ページ上部です

北海道支部 第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)

データヘルス計画とは

協会けんぽが保有する医療費情報や健診結果データを活用し、加入者のみなさまの健康づくり等を効果的に行うための計画です。

 

北海道支部の健康課題

・健診受診率が低いこと
・特定保健指導実施率が低いこと
・喫煙割合が高いこと

これらは、生活習慣病・がんの罹患、医療費に影響する重要な健康課題です。

 

北海道支部のデータヘルス計画概要

第1期データヘルス計画に引き続き、喫煙率の低減を目標として、計画を設定しました。

(各パーセンテージの数値は、今後の喫煙率の推移やPDCA等を踏まえて変更する場合があります)

上位目標(10年以上経過後に達する目標)

平成27年度実績で全国平均より8.02%ポイント高い北海道支部被保険者(35歳~74歳)の喫煙率について、平成39年度までに36.44%以下(全国平均との乖離幅を半減)とする
(平成27年度実績 北海道支部:42.43% 全国:34.41%)

中位目標(6年後に達成する目標)

北海道支部被保険者(35歳~74歳)の喫煙率について、38.41%以下とする

下位目標

1年につき喫煙率0.493%減少

◇健診実施率の向上
◇特定保健指導実施率の向上
◇その他保健事業
 ・事業主が分煙・禁煙について理解を示し、社内の喫煙対策を実施することにより、喫煙者を減らす
 ・加入者(被保険者)が分煙・禁煙について理解を示し、自ら禁煙する者を増やす
 ・加入者・事業主に分煙・禁煙の働きかけを行う健診実施機関を増やす
 ・PDCAと更に有効な対策を立案するためにデータ分析を進める

北海道支部第2期データヘルス計画について詳しくは、こちら (PDFファイル)をご覧ください。