ページ上部です

(事業所のみなさまへ)歯周病簡易検査をしてみませんか

歯周病とは

 歯周病になると、細菌が歯肉に炎症を起こし、出血や腫れを起こします。進行すると、歯を支える骨を破壊していき、最後には歯が抜けてしまいます。

 主な原因は歯垢で、歯垢の正体は細菌の塊です。血液に乗って体を駆け巡ったりすることで、糖尿病や心臓病などいろいろな病気のリスク因子であることが判明しており、歯周病は「歯の生活習慣病」といわれています。

 

申し込み・検査方法

 (ファックスで広島支部へ申込書を送信してください。)

 以下の検査方法をご覧いただき、ぜひご応募ください。

 検査方法は、二種類ご用意しております。

 簡易歯周病検査

(A) 協会けんぽより簡易検査キットを事業所あてに送付し、ご自身で実施していただく方法

→ 簡易検査キットは無料で提供します。ただし、検査業者へ検体を発送していただく際、送料をご負担いただきます。検査希望日の4営業日以上前にお申し込みください。

実施手順についてはこちらから ⇒ 歯周病検査手順









(B) 歯科医師を事業所に派遣し、ヘモグロビンキットを使用して簡易検査する方法

→ 歯科医師派遣料および検査用品はすべて無料で手配いたします。派遣医師の日程調整の都合により、検査希望日の1カ月半より前までに申し込みください。ある程度まとまった人数の事業所は、健診日に同時に実施されるのがお勧めです。実施に際しては、検査会場を確保してください。



歯科医師による歯周病簡易検査



▲唾液に含まれる血液量を測定。試験紙を浸して反応をみます。

 検査結果は個人及び事業主にお知らせいたします(ただし、検査結果を事業主に通知することを希望されない方を除きます)。陽性と判定された方は、歯科受診をお願いしております。是非、実施をご検討ください。

 歯科検診

 

協会けんぽ広島支部 企画グループ ℡082-568-1014