ページ上部です
重要愛媛支部

今回の豪雨災害で被災された方の医療機関での支払い免除について

今回の豪雨災害において下記の条件①、②に該当する協会けんぽ加入者は、医療機関の窓口で口頭で申し立てることにより、一部負担金の支払いを免除されます。

 

【一部負担金の支払いを免除する条件】

①以下の条件に該当する者(口頭確認)

 ・住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした者

 ・主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った者

 ・主たる生計維持者の行方が不明である者

 ・主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止した者

 ・主たる生計維持者が失職し、現在収入がない者

 

②愛媛県内の対象地域は以下のとおり(保険証等での確認)

・今治市 ・宇和島市 ・大洲市 ・西予市 ・八幡浜市 ・北宇和郡松野町 ・北宇和郡鬼北町 

 

【取扱いの期間】

平成30年7月5日から平成30年10月31日までの診療、調剤及び訪問看護

 

※後日、協会けんぽが免除を申し立てた方に確認を行う場合があります。

 

また、豪雨災害のため、保険証を紛失又は自宅に残したまま避難をしている場合、「氏名」「生年月日」「連絡先(電話番号等)」「被保険者の勤務先(事業所名)」を医療機関に伝えることで、保険証を提示しなくても受診が可能です。