ページ上部です

バックナンバーVol.167(H30.8.22発行)

◆◇◆╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ╋◇◆健康保険制度について分かりやすくお伝えする連載企画がスタート!

協会けんぽ愛知支部メールマガジン≪2018.8.22発行 vol.167≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋◆◇◆

 こんにちは!協会けんぽ愛知支部の長尾です。

 連日、体調に害を及ぼすほどの危険な暑さが続いておりますが、

みなさん「夏バテ」していませんか?

 夏は、外と室内の極端な温度差から自律神経の調節機能が乱れやすくなります。

 自律神経が乱れると、体内のさまざまな機能がうまく働かなくなるため、

体がだるい、疲れがとれないなど、夏バテの症状があらわれます。

 体力低下や体調不良は、熱中症や食中毒などのリスクも高めるため、

夏バテ対策をしっかりとって厳しい残暑を乗り越えましょう!

 

●夏バテ対策はこちらをご覧ください。(協会けんぽホームページへリンク)

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h30/300801001

 

 今回の内容はこちらです。

 目次

┏……………………………………………………………………………………┓

▼1.専門家コラム第4回「症状がないのに糖尿病って・・・」

▼2.協会けんぽからのお知らせ

・連載開始!「病院で使えるだけじゃない!健康保険まるわかり講座」

・一生に一度は肝炎ウィルス検査を受けましょう!

▼3.任継加入者の方へのお知らせ

┗……………………………………………………………………………………┛

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

▼1.専門家コラム第4回「症状がないのに糖尿病って・・・」

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

 糖尿病の三大合併症といえば、網膜症、腎症、末梢神経障害と言われています。

 成人の失明や人工透析の原因、第一位は糖尿病です。

 また、神経障害とともに血行の障害などもあって、足の先端から壊死してくることも

よく知られています。

 しかし、こんなに重い合併症のある糖尿病でも病状がかなり進行するまでほとんど

自覚症状がないのです。

 のどが渇くとか尿量が多いというのも糖尿病の症状なのですが、気づかないことが

多いし、空腹時血糖が200mg/dlあるいはヘモグロビンA1cが10%以上あっても自覚症状が

ないということも珍しくありません。

 自覚症状が全くなくても糖尿病は確実に進んでいきます。

 そして、最後は失明したり、人工透析になったり、足を切断したりすることになります。

 そんなことにならないように自覚症状が全くないうちから健康診断を受け、診断結果が

悪ければ治療を始めましょう。糖尿病の治療は、薬を飲んだりインスリンを注射したりすることだけではありません。食事療法や運動療法も立派な治療です。

 薬物治療を始めてからでも、食事療法と運動療法は最も大事な治療なのです。

 

【食事と運動の目安】

1.適正体重を保って、1日の摂取カロリーは標準体重(㎏)×30kcalとする。

(大人で大体1,800〜2,200kcal程度になります)

2.一日一万歩程度の歩行。

 

【健康コラム執筆 福井明先生プロフィール】

 専門は内科、消化器内科。

 産業医として企業で、職場のメンタルヘルス対策から生活習慣病予防、健診結果の見方まで幅広く、専門的立場で指導、助言を行う。

 健康管理について、セミナー・講演会でも講師として登壇。

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

▼2.協会けんぽからのお知らせ

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

◇◆◇連載開始!「病院で使えるだけじゃない!健康保険まるわかり講座」◇◆◇

     第1回 高額療養費① 「医療費負担には上限がある」

 

 今月号より、健康保険まるわかり講座と題して、加入者様向けに健康保険の制度説明や

協会けんぽが実施している加入者サービスについて、わかりやすく解説したコラムを連載します!今回のテーマは「高額療養費」制度についてです。

 

 病院や診療所の窓口で支払う負担割合は、年齢によって異なりますが、最大でも3割負担となります。医療費が1万円だった場合の自己負担額は3000円。健康で、たまにしか病院に行かない人なら、それほど家計の負担にはなりません。

しかし、手術や入院をした場合は、3割といえども相当な金額になることがあります。(100万円を超えることも!!)

 そんな時でも、ご安心ください!健康保険では「高額療養費」という制度があり、年齢・収入により異なりますが、1か月の自己負担額には上限(限度額)が設けられています。

 たとえば、70歳未満の一般的な収入の方が、1か月の医療費(10割)が100万円かかった場合は、医療機関ではいったん3割の30万円を支払うことになりますが、限度額は約9万円となりますので、健康保険に申請すると約21万円が払い戻されます。

 この制度があるので、入院、手術をしても際限なくお金がかかるという心配はありませんが、いずれ払い戻されるにしても、一旦大きな金額を用意することが必要で、払い戻しには診療月から概ね4か月かかります。

 

そんな問題を解決するのが「限度額適用認定証」です。

 

 次回は高額療養費② 「限度額証があれば窓口負担が軽くなる!」をお届けします。

 

●高額療養制度の詳細はこちらをご覧ください。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030

 

◇◆◇一生に一度は肝炎ウィルス検査を受けましょう。◇◆◇

 

 【肝炎とは…】

 肝炎は、肝炎ウィルスの感染によっておこる、肝臓の病気です。

 ・年間3万人の方が肝がんで亡くなっています

   肝炎ウィルスを放置していると、肝硬変・肝がんになる危険があります。

   早期発見、治療を始めることか重要です。

 ・採血の検査項目を増やすだけで、ウィルスに感染しているか分かります。

   肝炎ウィルス検査は、一般的な健康診断で調べることはあまりない検査ですが、

   一度検査を受ければ、毎年受ける必要はありません。

 ・B型・C型肝炎は飲み薬で治療ができます。

   今やC型肝炎は飲み薬だけで、ほぼ100%ウィルスを退治できます。

   B型肝炎も飲み薬でウィルスを減らせば、病気を抑えることができます。

 ・助成制度を活用することで、医療費負担が軽減されます。

   B型・C型肝炎の方を対象とした愛知県の医療費助成制度が利用できます。

 なお、協会けんぽの生活習慣病予防健診では、健診と同時に肝炎ウィルス検査も実施でき、費用の補助が受けられます。※

ぜひ、この機会に受診してください。

※補助が受けられる方には特定の条件がございます。詳細は下部リンクからご覧いただけます。

 

●肝炎ウイルス検査の対象者の方、申し込み方法はこちらをご覧ください。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat410/sb4030/r90#h1_3

●愛知県の医療費助成制度はこちらをご覧ください。(愛知県ホームページへリンク)

http://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/kanen/link/4_subsidy_ordinary/subsidy.html

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

▼3.任継加入者の方へのお知らせ

   (退職後、健康保険を任意で続けられている方へのご案内です)

 

☆*:;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆*:;;;;:*☆

 

 健康保険の任意継続被保険者の9月分保険料の納付期限は9月10日(月曜日)です。

(口座振替は9月3日です)

 期限までに納付して頂きますよう、よろしくお願いいたします。

●保険料の納付場所・方法については、こちらをご覧ください。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3180/sbb3180/1978-6172

 

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

協会けんぽ愛知支部メールマガジンは、現在約8,600名の方にご登録いただいています。

 より多くの方に読んでいただけるように、引き続き会員を募集しています。

職場の方や、ご友人に協会けんぽ愛知支部メールマガジンのご紹介を

お願いします。

●配信サービスの登録はこちらから

https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16505_vky_3/index.do

■発行元:〒450-6363 名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋23階

協会けんぽ愛知支部

TEL:052-856-1479(企画総務グループ)

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/aichi

■発行日:毎月22日頃(2は白鳥=スワンスワンで⇒吸わんで禁煙の日!)

属性が「健康保険委員」の方には健康保険委員様向けの情報を毎月

10日頃にもお届けします。旬な情報は随時配信いたします。

■配信先メールアドレスの変更はこちらから

 (属性、性別、年齢層の変更もこちらから変更できます。)

https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16505_vky_2/index.do

■配信サービスの解除はこちらから

https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16505_vky_1/index.do

※本メールアドレスは送信専用です。

ご質問・ご依頼などにはお答えできませんので予めご了承ください。

◆◇◆◇◆◇ 申請時の手続きは郵送でお願いします! ◇◆◇◆◇◆◇◆